わが家の出費大公開!私立小や共働きってどれだけ金がかかるのかがわかります・・・!

QOL向上

皆さん、家計の把握はされてますか?
先日「収入の多少に関わらずライフプランニングが重要である」ということを言っている本をご紹介しました。

そもそもライフプランニングの前に、自分の家がどれくらいの資産・収入・支出を誇っているのかを把握しておくことはとても大切だと思います。
わが家では毎年ざっと把握していましたが、正直言うとざっとしか判断できていませんでした。

今回は、過去の1年間のデータをベースに、わが家が実際に使っているお金はこれくらいだ!というものを集計したので、発表したいと思います。

<類似記事>
【本要約】いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまうと、30歳サラリーマンは、年収1000万円でも破産します | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

富裕層入りしたので、今後の投資戦略を考えてみることにした | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

わが家のプロフィール

夫婦共働きのアラフォーです。
夫婦とも安定している感じの企業に勤めていますが、バリバリ厳しい系の企業ではなく、穏健な環境で、まさに「まったり薄給」という言葉が相応しいような企業に勤めています。

元々私がバリバリ激しい系の「激務高給」企業で働いていましたが、ある程度資産が貯まったことや、人生的にもやるべきことをやりきった感があったので、まったり薄給企業に転職しました。

 

子どもは二人いますが、二人とも私立小学校に通っています。

どちらかというと、親も上昇志向が強いというより、「親ができるのは環境を整えること程度」と思っていることと、そもそも親が中学・高校受験に付き合う自信がないということもあり(笑)、保育園の時にがんばってもらって、今は高校までセットの私立小学校に通っています。

まったり薄給とはいえ、夫婦共働きですとなにかとお金がかかるのも事実。
そんなわが家が、毎月どのようにお金を使っているのかを発表したいと思います。

わが家の出費

いきなりですが、わが家の出費は1,099,000円/月でした。

まさかの100万円オーバー・・・いやこれマジで破産するんじゃない・・という感じです(笑)

お前すげぇ金持ちだな!という声も聞こえてきそうですが、実際のところ、年間の出費を12で割ったもので、年間では13,188,000円でした。
1318万・・・・・( ^ω^)

 

ざっくり内訳は以下の通りです(以下は万円単位・すべて1か月あたり)

費目 費用/月 ここまで累計
170,000 170,000
光熱費通信費 30,000 200,000
食費 50,000 250,000
教育費 一人目 133,000 383,000
教育費 二人目 145,000 528,000
大人の趣味 60,000 588,000
14,000 602,000
その他 40,000 642,000
??? 457,000 1,099,000

???については、最後の方で詳しく解説しますが、生活して食事して教育してという感じで、月64万円かかってます。

せっかくなので、細かく見ていきましょう

家と通信光熱費

家はローンが約17万円です

光熱費の内訳はこんな感じです。

電気 15,000
水道 3,500
携帯・ネット 6,000
ネット 5,000
光熱費 29,500

・電気代はオール電化なので結構高いですが、売電収入も小さくない感じです(が、ここでは出費のみ計上しています)
・水道は2か月まとめて約7000円なので、1月だと3500円
・携帯は楽天モバイル6台で、4人は無料運用しているのですが、もうすぐ全員980円/月になるので、6000円で計上しています。(家族4人+祖父母分もわが家で負担しています)
・家のネットは楽天ひかりです。5000円くらいです

学費

実はここが気になる方が多いのではないかと思っています。
ざっくりとこんな感じです。

■上の子

小学校 75,000
習い事 58,000
上の子計 133,000

■下の子

小学校 75,000
習い事 70,000
下の子計 145,000

子の通う私立小は、学費が年間80万円です。
月に直すと約6.5万円で、それに1万円をなんとなく足して計上してみます。
そうすると、2人で約15万/月くらいになるんですね・・・すごい高い。

教育の成果とかけたコストを考えると、完全にコスパが悪い状況ですが、私立は環境代と思うしかないですね・・・・・。涙

 

ちなみに下の子の方が金額が高いのは、学校のアフタースクールの頻度が高いからです。

私立小ではただの預かりだけではなく、学校に習い事の先生が来てくれて、アート教室や運動教室を開講してくれるので、下の子は学童のかわりにそれに参加していることが多く、どうしても高額になりがちです。
(元々、それ目当てで私立に入れたようなところもあるので、計画通りではあります。)

上の子は現在学校のアフタースクールに所属していないため、自分で行きたい習い事に通っている感じです。

本やドリルも買いますが、そこまで細かく管理はしていないのと、毎月1万円分も購入しないので、特に費用としては入れていません。

その他

■食費

内食費 30,000
外食費 20,000
食費計 50,000

内食費は週1万円もかからない感じで回しています。
フレッシュスーパーママや、カスミの25%オフを活用しているので、ものすごい食費は安いと思います。

【安い!!】松前台にあるフレッシュスーパーママに行ってみました | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

【カスミの買い物を25%オフに】株主優待到着報告 2021年8月分 カスミ(ユナイテッドスーパーマーケットホールディングス) | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

 

外食費は優待を使用することが多く、実際の出費はもっと少ないものと思われますが、共働きなので食費はどうしてもかかってしまいますね・・。

コロワイドから株主優待ポイントについてのお知らせが届きました | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

 

■車費

ガソリン 7,000
保険 7,000
車費計 14,000

居住地的に絶対に必要な費用です。

車は5年で償却すると決めており、例えば180万円の車であれば、60か月で割る⇒月3万円を家計で計上するようにしていますが、現在は5年の償却が終わった車に乗っているため、ガソリン代と保険代だけを計上しています。

 

大人の趣味・その他

大人の遊び・ジム・飲み会の費用が60,000円/月です。

わが家ではお小遣い制を導入しておらず、夫婦好きなようにカードでお金を使って良いことになっているのですが、そもそも欲しいものもそんなにないので、2人で60,000円/月もあれば飲み会も行けちゃうし結構楽しく生活できてしまう感じです。

その他は、洋服費や生活用品(ティッシュ等)、旅行費用の積立、子どもの医療費も1回600円とかなので、平均すると40,000円/月もあれば十分でした。
コロナ禍ということもあり旅行費用がそこまでかからないので、この1年はかなりお安く生活することができたと思います。

月45万円の「???」費とは・・

???は、実は天引き積立系のお金です。

改めて計算してみて驚きましたが、毎月これくらい積立しています。

種類 積立額(月額) 引き落とし方法 利回り
投信積立(米国index) 50,000 クレカ ??%
年金保険 27,500 クレカ 1.5%
つなぎ年金 20,000 クレカ 1.3%
財形年金 20,000 天引き 2.0%
会社の積立 20,000 天引き 2.0%
持ち株会 80,000 天引き 10.0%※購入インセンティブ
会社の共済 190,000 天引き 1.5%
夫ideco(米国index) 25,000 天引き ??%
妻ideco(米国index) 25,000 天引き ??%
天引き積立 457,500

夫婦でそこまで年収が高いワケではありませんので、天引きでこれだけ持って行かれてると、わが家の月収ベースの家計はかなりカツカツ(というか完全に赤字)です・・・。

正直な話、収入で賄い切れていない気もしますが。笑

まぁ将来のためのお金と考えて個人的にはOKかなと思っています。

■年金保険、無駄じゃない?

先日ご紹介した本でも、保険で積立をするのは一番無駄という指摘がありました。

確かにそうなんですが、わが家では、以下の理由で積立保険に継続して加入することにしています。

・使途別に貯金している感覚でいられる(貯蓄的機能への期待)
・死んだら家族に金銭的なメリットを残せる(保険的機能への期待)
・別に最高の効率で投資しつづけなくても、既にそこそこの資産があるから後悔するほどではない
・クレカのポイントもつくのでそれも含めると利回りが異常に低いとも言い切れない

積立しすぎじゃない?生活費足りてる?

正直、こんなに積立してると思わなかったのも事実ですが、実際に生活費は足りてません・・・!笑

といってもわが家の場合、そもそも貯蓄の現金比率が高くて、それを上手く取り崩していくことが目的になりますので、毎月のお金が赤字でも全然OKって感じです。

毎月の出費は赤字で賞与でそれを補填している感じですが、結果としてちょっと多めの現金比率を少しずつ積立に回して言っている、という感じです。

本当に他に支出はない?

実はあります。

毎年NISA4人分(120万円×2人・80万円×2人)分の株を買っています。

ただしこれも、結局わが家の場合は、かなり多い現金比率を薄めるための資産費目の移動という感じなので、支出というと微妙かなーという感覚です。

もし世帯年収1000万円だったらどうする?

わが家のケースは年間出費(手取り)が約1300万円です。

もし世帯年収1000万円(夫婦で500万円×2)で、手取りが800万円だとしたら、どうしたら良いでしょう。

こんな感じで試算してみました。

費目 現在のわが家 手取り800万円プラン
204万円 180万円(15万/月)
光熱費通信費 36万円 36万円(3万/月)
食費 60万円 60万円(5万/月)
教育費 一人目 160万円 120万(10万/月)
教育費 二人目 174万円 96万(8万/月)
大人の趣味 72万円 48万(4万/月)
17万円 17万(1.4万/月)
その他 48万円 60万(5万/月)
積立 550万円 180万(15万/月)

これで797万円です。

夫婦で500万ずつ稼げる世帯であれば、これだけお金をかけることができます。
こうやってみると、年収1000万円、手取り800万円てかなり良い感じですよね。

家賃:15万円
月15万円というと、約5000万円の物件を購入することができます。
郊外であれば十分でしょう。
郊外の中古マンションでしたら、状態が良い物件に半額で住むことすら可能なレベルです。

教育費:10万円と8万円
正直、習い事等も考えると私立小に通わせるには心もとない金額かもしれません。
ただし、公立であれば月に10万も習い事にかけることができます。
中学受験では最後の1年間は年間100万円かかる!!!と大々的に言われますが、正直そのレベルであれば余裕で払えるようなお金を、毎年かけることができます。

大人の趣味:4万円
ここがちょっと少なくて寂しいですが・・・
子どもが低学年でしたら習い事といってもそんなに課金できないので、低学年の間は大人ももう少しお金がかけられるかも。
ジム:1万円 ホットヨガ:2万円 飲み会:1万円 くらいは使えそうです。

積立:15万円
月15万円積立もできます。
年間180万円、11年続けられれば、2000万円問題も解決しちゃいます。
子どもが独立するのを待たなくても、これだけ貯められてしまうんだから安心できますね^^

こんなギリギリで、子どもが大きくなったらどうすんだよ!!

こんなにギリギリで子どもが大きくなったらどうするんだよ
中高私立なんて行ったら金足りないだろ!俺から搾取するな(以下不幸自慢
という方にお伝えしたいのは、多くの企業では昇給があるよ、ということです。

例えば年間夫婦合計で8000円昇給したとします。
8000円/月というと小さいように聞こえるかもしれませんが、昇給は、残業代・賞与にも反映されるため、実際に12をかけた金額より大きく年収を増やすことができます。

例えば賞与4カ月分の会社であれば、8000円×(12か月(月給)+4カ月(賞与))=13万円も年収が増えることになります。
残業代分も入れると15~16万円は年収が増えるのではないでしょうか。

つまり、子どもが小さいうちはカツカツでも(といっても18万/月は教育費をかけているような家庭ですが。笑)、今後はもっとお金をかけることができるようになると思います。

世帯年収1000万円は難しいのか・・?

以前の記事でもお伝えしましたが、30代で1人で1000万かせいでいるのはスゴイです!
誰もが到達できる道ではありません。

大学ではMARCH以上でリア充な学生生活を送っているか、早慶以上に行けば、30代後半から狙っていける年収という感じになると思います。

ただ、夫婦で500万ずつ稼いで世帯で1000万円に到達するのは、正直そこまで難しい話ではないですよね。

例えば夫婦で期間工をやれば、500万×2人というのは20代後半でも十分に稼ぐことができます。
期間工というと、そこまでスキルがなくとも就職できますが、夫婦で頑張れば、子ども2人に毎月18万円の学費をかけながら、月15万円の積立貯蓄をするレベルの生活ができるということです。

 

年収1000万円というのは、好き放題やって生きていける金額ではないというのは前回の記事で指摘させていただきました。

【本要約】いわゆる「当たり前の幸せ」を愚直に追い求めてしまうと、30歳サラリーマンは、年収1000万円でも破産します | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

ただ、しっかり家計管理をして、バランスを保って行き、抑えるところを押さえれば、子どもに18万円/月くらいの教育投資は十分にできる家計である、ということは覚えておいて損はないかもしれません。

というか正直、その年収帯で教育費にかける金を回せないのだとしたら、そもそも自分の能力を過信しているだけだと思うので、人生考え直した方がいいと思いますよ(笑)

子どもの環境が整うのは東京(私立)だけだぁ!!

と思う方は、本当にそれを実現されるよう、努力していただければ結構かと思います。

以前、大人が金をかけてもやれることは子どもの環境を準備してあげることくらいだという記事を書きました。

小学校受験・中学校受験を選択する前に知っておいた方がいいこと | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

どうしても子どものための環境を整えるために東京や私立小である必要があるのであれば、それは立派な教育費だと思うので、私はそこを否定する意思は全くありません。
(もし支出のバランスが身の丈に合っていないのであれば分不相応だとは思うので、そのために国にお金をせびるのはどうかと思いますが。笑)

みなさんは支出、把握していますか?

みなさんのご家庭では、支出をしっかり把握していますか?

今日は支出の把握方法ではなく、実際にいくらくらい支出をしているのかという実例と、ここまで支出できない家庭でもこうやってお金のバランスをとればやっていけるよ、という話をしました。

もしよければ、ご自身のご家庭の振り返りにご参照ください^^

 

 

<類似記事>

小学校受験・中学校受験を選択する前に知っておいた方がいいこと | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

富裕層入りしたので、今後の投資戦略を考えてみることにした | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)


↑私かもめんは老後資金をidecoの米株インデックスで準備しています↑


↑私は家族人数分NISA口座を開設して、その範囲内で株式投資しています↑

お知らせ

こんにちは!サイドFIRE達成者のかもめんです。
このブログでは、サイドFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしていきます。

【twitter更新中】
@Kamomen_FIREというIDでツイッターをやっています。
ブログに書くほどでもないおトク情報や速報、毎週購読している週刊東洋経済の抜粋もつぶやいています。

【当ブログをお読みになるにあたっての注意点】
このブログは、ご当地情報や安売り情報をお届けするという特性上、必ずしも将来に渡って最新情報が掲載されるワケではありません。
また、情報の正確性には極力気をつけてはおりますが、必ずご自身でも公式HP等をベースにお調べいただきますよう、お願いいたします。

また、投資は自己責任です。twitterでDM等をいただいても、アドバイスや意見をお伝えすることはできますが、最終的にはご自身で責任を負っていただくことになりますので、ご了承お願いいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました