茨城3区 候補者3人とも国会議員に!?

QOL向上

前回の記事で、アタマ良い人たちが「若者よ、選挙に行け」みたいなことを上から目線で言ってくるのにものすごい違和感があるので、

・私やあなたの一票程度で選挙結果は変わらない
・でも選挙はお祭り、参加したら結果が3倍は楽しくなる!
・だから選挙に行って、候補者の結果を見るだけで楽しくなるよ

という内容のブログを書きました。

【超不真面目解説】どうして選挙に行かないといけないの?と思った時に読む話 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

 

今日は、選挙情勢を見て、「茨城県南(茨城3区)で頑張って活動している候補、3人とも国会議員になる可能性あるのかな」と思ったので、調べて記事にします。

これで選挙結果を見るのが少しでも楽しくなればと思っています^^

なお、本日の記事については、あくまで報道ベースの情報を基に作成したものでありますが、選挙まで日数があり、態度決定していない有権者も多いので、あくまで参考程度でお読みいただければと思います。
また、個別の政策等には言及していません。選挙公報・公式youtubeチャンネル・公式ホームページなど、様々な媒体から公式情報が発信されていますので、投票にあたって、よろしければそちらもご参照ください。

選挙情勢の振り返り

<朝日新聞 10月27日の記事より抜粋>
・2、3、4区で自民が他候補を引き離している
・5区は自民がやや先行している
・1区は無所属と自民 6、7区は自民と立憲民主が接戦

<茨城新聞 10月27日の記事より抜粋>
・2、3、4区で自民前職が安定した戦いを展開
・5区も自民がやや先行
・1、6、7区では自民と野党系候補が激しく競り合う

どちらの新聞も同じような情勢を予測していますが、基本的には茨城県は自民党が優勢のようです。

自民と立憲民主の激戦区は2つ。

6区は前回の記事でも取り上げた、つくば近辺の選挙区。
自民党 国光氏 vs 立憲民主党 青山氏の接戦です。
こちら、前回も超大接戦の末、国光氏が勝利し、青山氏は比例で国会議員になっています。

7区は境町近辺の選挙区です。
自民党 長岡氏 vs 立憲民主党 中村氏が接戦しているそうです。
こちらは選挙の鬼、過去14回当選の中村氏がこれまで勝利していましたが、中村氏が立憲から出馬したことで、長岡市勝利の可能性も出てきたそうです。

 

要するに情勢を見ていくと、取手・守谷等が属する茨城3区では、
小選挙区に関しては、自民党 葉梨氏の当選可能性が高く、立憲民主党 梶岡氏、維新の会 岸野氏の落選可能性も高いというのが、小選挙区での結果に近そうです。

落選の近い議員も復活の可能性がある!!

しかし、情勢で劣っているからといって、必ずしも国会議員になれない、というワケではありません。

今回の選挙は、「小選挙区」とは別に「比例代表」の投票も行われます。

この「比例代表」で滑り込み、国会議員への切符を手にすることができる可能性もあるのです。

 

まずは、比例の情勢を見てみましょう

<茨城新聞 10月28日記事より抜粋>
・自民党は8議席に届きそう
・立憲民主党は6議席が限界
・維新の会は2議席が視野に入ってきた

 

この段階で、葉梨氏は比例は関係ないとして、梶岡氏が立憲民主党の6議席・岸野氏が維新の会の2議席に滑りこめるかがポイントです。

比例代表で復活当選するには

比例代表で復活当選するには、以下の条件が必要です。

1.政党が事前に作ったリストの上位の人から当選する
2.同順位内に何人かいる場合は、獲得した票数(※惜敗率)に応じて、さらに順位付けされる。

惜敗率とは、「当選者に対してどれだけ近い数、票数を獲得できていたか」で決まります。
比例代表で枠が2つあったとして、ZZ党の3人が小選挙区で落選してしまっていたとしたら
A選挙区 当選者:1万票  候補:9千票 → 惜敗率90%
B選挙区 当選者:100票 候補:99票 → 惜敗率99%
C選挙区 当選者:5万票  候補:4.5万票 → 惜敗率95%
となり、当選するのは惜敗率の高いB選挙区とC選挙区の候補となります。
獲得した票数ではなく、「割合でどれだけ惜しかったか」で当選が決まる方式です。

つまり、小選挙区で勝てなそうな情勢になったら、

・小選挙区で自分の票を少しでも多く集め、惜敗率を上げる
・自分の党の他の小選挙区で、たくさん当選してもらって、比例代表の枠を争うライバルを減らす
・自分の党に比例でたくさん票を集めて、比例代表の枠を増やす

という作戦が重要になってきます。

梶岡氏の比例順位は?比例復活当選はできそう?

ではここで、梶岡氏の比例代表としての当選可能性を見てみましょう。

こちらが立憲民主党(北関東ブロック)の比例名簿です。

いきなり来ました!

梶岡氏、立憲民主党の比例順位1位です!!!

これは、惜敗率さえ高ければ、復活当選も十分狙える位置にいますね。

 

とはいえ、そう簡単に当選できるのか・・・!?
立憲民主党の比例代表1位の方とその選挙区、直前の選挙情勢をまとめてみました。

選挙区 情勢 当選回数
藤田 幸久 茨城2区 自民優勢 2
梶岡 博樹 茨城3区 自民優勢 新人
青山 大人 茨城6区 激戦 1
中村 喜四郎 茨城7区 激戦 14
渡辺 典喜 栃木1区 自民優勢 新人
福田 昭夫 栃木2区 立憲優勢 5
伊賀 央 栃木3区 自民優勢 新人
藤岡 隆雄 栃木4区 激戦 新人
堀越 啓仁 群馬2区 自民優勢 1
長谷川 嘉一 群馬3区 自民優勢 1
角倉 邦良 群馬4区 自民優勢 新人
武正 公一 埼玉1区 自民優勢 6
山川 百合子 埼玉3区 自民優勢 1
枝野 幸男 埼玉5区 立憲優勢 9
大島 敦 埼玉6区 立憲優勢 7
小宮山 泰子 埼玉7区 激戦 6
杉村 慎治 埼玉9区 自民優勢 新人
坂本 祐之輔 埼玉10区 激戦 2
島田 誠 埼玉11区 自民優勢 新人
森田 俊和 埼玉12区 激戦 1
三角 創太 埼玉13区 自民優勢 新人
高木 錬太郎 埼玉15区 自民優勢 1

ちょっと情報量が多くて見づらいので、簡単にまとめます。

立憲で勝ちそうなのは3名(栃木1名・埼玉2名)です。そして激戦が6名。

仮に、この9名すべてで立憲民主党が勝利したとして、残り13選挙区ありますので、その中で惜敗率が高い順に当選することができます。

やはり私が先日お伝えした通り、茨城6区と茨城7区は、かなり鍵を握りそうです!目が離せない戦い!!

 

実際に惜敗率の予想は、私の手元の情報ではつけようがないですし、あくまで情勢を見ての判断なので、ちょっとなんとも言えませんが、

まず梶岡氏は、激戦区全てで立憲民主党の候補に勝利してもらう必要があります。
(激戦で負けたら、それだけで惜敗率の面から梶岡氏は勝ちづらくなってしまう)

そして、自分も惜敗率をできるだけあげるために、小選挙区で多くの得票が必要になってきます。

 

しかし、まだ選挙戦は残っています。

これからの情勢や頑張り次第では、梶岡氏が国会議員になる可能性は、まだまだ残っているかと思われます。

岸野氏の比例順位は?比例復活当選はできそう?

次に、岸野氏の比例代表としての当選可能性を見てみましょう。

こちらが日本維新の会(北関東ブロック)の比例名簿です。

こちらもいきなり来ました!岸野氏は日本維新の会(北関東ブロック)比例名簿1位です。

こちらも、惜敗率が高ければ、十分当選が狙える位置にいる、ということでしょう。

日本維新の会も、比例名簿1位の方と選挙区や情勢をまとめてみました。

選挙区 情勢 当選回数
岸野 智康 茨城3区 自民優勢 新人
武藤 優子 茨城4区 自民優勢 新人
水梨 伸晃 茨城7区 自立激戦 新人
柏倉 祐司 栃木1区 自民優勢 1
宮崎 岳志 群馬1区 自民優勢 2
吉村 豪介 埼玉1区 自民優勢 新人
高橋 英明 埼玉2区 自民優勢 新人
伊勢田 享子 埼玉7区 自立激戦 新人
沢田 良 埼玉15区 自民優勢 新人

うーん。こちらを見る限り、維新は北関東ではまだまだ小選挙区での勝利はあまり近くないようで・・岸野氏の比例での当選は少し難しいのかもしれません。

しかし、上記の中から2名は比例復活による当選ができるようなので、惜敗率の上昇に期待したいと思います。

ここまで来たらみんながんばって!

選挙戦もあと数日です。

ここまで来たら、みんな頑張って欲しいですし、なんならみんなに当選して欲しいくらい(笑)

特に茨城3区から立候補されている候補者3名は、これも何かの縁ということで、ぜひ3人とも最後まで頑張っていただき、あわよくば国会議員になられることを期待しております。

 

最近は各候補が演説している姿もお見掛けします。

 

日本のために、各候補者のみなさん、頑張ってくださーい^^

<類似記事>
【GoToEatキャンペーンいばらき】食事券の買い方を簡単解説 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

【超不真面目解説】どうして選挙に行かないといけないの?と思った時に読む話 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

 


↑私かもめんは老後資金をidecoの米株インデックスで準備しています↑


↑私は家族人数分NISA口座を開設して、その範囲内で株式投資しています↑

お知らせ

こんにちは!サイドFIRE達成者のかもめんです。
このブログでは、サイドFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしていきます。

【twitter更新中】
@Kamomen_FIREというIDでツイッターをやっています。
ブログに書くほどでもないおトク情報や速報、毎週購読している週刊東洋経済の抜粋もつぶやいています。

【当ブログをお読みになるにあたっての注意点】
このブログは、ご当地情報や安売り情報をお届けするという特性上、必ずしも将来に渡って最新情報が掲載されるワケではありません。
また、情報の正確性には極力気をつけてはおりますが、必ずご自身でも公式HP等をベースにお調べいただきますよう、お願いいたします。

また、投資は自己責任です。twitterでDM等をいただいても、アドバイスや意見をお伝えすることはできますが、最終的にはご自身で責任を負っていただくことになりますので、ご了承お願いいたします。

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました