続:友人の蓄財相談に乗って、若いうちの資産形成に対して思ったこと

こんにちは!(自称)サイドFIRE達成者のかもめんです。 このブログでは、サイドFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしていきます。

ジムで出会った筋トレ仲間と、よく一緒に酒を飲むようになりました。(私は筋肉男子に酒を奢りがちなのです。笑)

そんな中で蓄財相談に乗りました。そこで、若いうちからの資産形成に対して思ったことや、婚活のこと、大企業の制度は行き届いていることやそれをいかに上手に使いこなすかが重要であることに気づいたので、書いていきたいと思います。

※なお、今日の内容については、知人個人の特定ができないように一部フェイクを入れており、また、本人にも掲載許可を得ております。

前回の記事については、こちらをご参照ください。
友人の蓄財相談に乗って、若いうちから資産形成に対して思ったこと その1 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

知人について

年齢:25歳 性別:男性 結婚:独身

経歴:工業高校を上位の成績で出て、大手メーカーに就職

年収:約500万・夜勤なしで残業は月10~20時間
月収で手取り20~25万円・ボーナスで100万弱×2

その他:かなりイケメン。なにより筋肉がスゴイ!アンダーアーマーが似合う(羨望)

◆お金に関して思うこと
世の中の技術革新が激しく、10年後に自分が働き続けられるか漠然とした不安がある。
学歴もないので、40代とかで急にリストラされたら生きていけないのではないか。
同一労働同一賃金とかになったら、正社員の待遇が下がってしまうのではないか。
等、とにかく将来不安が大きいのでそれに備えたい、という相談でした。

若いのに将来のことを真面目に考えていて、エライですよね!!

ちなみに、既にマンガ版 バビロン大富豪の教えは読んでいるそうで、
「収入の10%を貯蓄する」「無駄な固定費の削減」は実施済み、今後「お金を働かせる」ことを考え投資に興味がある、とのことでした。

 

以下、私がした地味~なアドバイスについてまとめていきたいと思います。

なお、前回までの記事はコチラをご覧ください。
そもそもつみたてNISAはリストラの備えになるのか。他にもっと良い方法がないか、という観点で書いた記事です。

友人の蓄財相談に乗って、若いうちから資産形成に対して思ったこと その1 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

アドバイス3:とにかくリストラされない

「リストラ不安」がとにかく大きい人へのアドバイス。

私も1990年代に子ども時代を過ごしたので、リストラへの恐怖が強いことは、非常に共感できます。リストラというと、ある日突然、肩たたきをされて、いきなり会社をやめなくてはならないというイメージ。

自分でコントロールできる要素が全くなく、社会も不景気だから再就職もとにかく難しいイメージがあります。

この問題の難しいところは、前述の通り、「自分でコントロールできる要素がない」というところ。目をつけられたら終わりです。

対策としては、
・どんなに会社の調子が悪くても、リストラされないように準備しておく
・会社でリストラが始まる瞬間に自らやめて退職割増金をもらって、新たな職につくこと
のどちらかしかありません。

ではまず、どんな人がリストラをされやすいか、知っておく必要があります。

リストラってどんな人がされるの?

彼が相談してきた通り、40代以上が突然リストラされるというのは、ある意味で正しいです。特に大企業では定期昇給が前提なので、同じ仕事をしているはずの20代と40代なのに、給料が違うことはザラにあるからです。特に製造ライン等ではそれを目の当たりにすることも多いでしょう。

会社の健康保険組合や年金制度への対応を考えた場合も、まだ定年まで期限のある若者より、定年が近い中高年の方が肩たたきに合いやすい、というのも、ある意味合理的であり、事実であるといえるでしょう。

では、中高年でリストラされる人・リストラされない人の差はどこで生まれるのでしょう?

これは、要するに「会社にとってコスパが悪い人」かどうかで決まります。

実務的なことを言うと、リストラは、ある程度の予算(人数)目標が割り当てられて、そこに人をあてこんでいくことになります。この事業所のこの部署から●人、みたいなのが各部門に割り当てられていくイメージです。
そうすると、必然的に「単価が高い人」「仕事に対して価値を発揮していない人」に声がかかります。何も考えずに言われたことだけやる人や、社内の雰囲気を悪くしている人、長くいるだけで価値を発揮していない人なんかが選ばれやすいです。
(その他、「断らなそう」「この時期に大きな失敗をした」等の方が選ばれるという残酷な側面もあります・・・)

逆に言うと、リストラは今後の企業の復活を前提にしているため、「会社にとって有用な人」を切ってはなりません。そういった意味でも、「自分の年収は600万円だけど、毎年1000万円のコストダウン実績を出してきました!」みたいな強みがあれば、基本的には、会社にとって不必要な人に比べると、切られづらいと思っておいて良いかと思います。

転職しやすい人ってどんな人?

では続いて、転職しやすい人とはどんな人でしょうか?

これは、すごいざっくり言うと、以下の2点になります。
・現職で実績をしっかり出して、それを言語化できている人
・動き出しが早い人

現職で実績をしっかり出して、それを言語化できている人
日本では、基本的にどの会社でも「総合職」としての採用をしています。
つまり、ポストをそこまで厳密に定義せずに、定期昇給しながら仕事のスキルをあげていくことが求められるケースがほとんどです。

転職でも、基本的には新しいポジションは決められた状態で採用されますが、あくまで、そこから総合職としてのキャリアがスタートしていきます。
転職組だけ、ポストが固定されて定期昇給されないということは、基本的にはあり得ません。

つまり、日本の転職で求められるのは、「現時点でのある程度のマッチング」と「これからのポテンシャル(伸びしろ)」です。

今後のポテンシャルが求められる、ということは、要するに、「どこでもそれなりに通用するポータブルスキルがしっかりある人材」ということがアピールできれば、転職市場では非常に強いです。
要するに、ある程度の社畜気質がある方が、強いと思っていただければと思います。

そういった意味でも、やはり現職ではしっかりと結果を出していることのアピールが重要です。
・現職で具体的にどのような結果を出しているか・それが数値化できているか
・その結果を生み出した要因や自身の強みは何か・新たな環境でも再現性をもっているか
この辺りが語れていると、他の候補者よりも「ウチに入ってからも活躍してくれそうだな」と思ってもらえる可能性は高まると思います。

動き出しが早い人
日本では、海外に比べると転職にはまだまだ保守的な考え方を持っている人が多いです。
恐らく大半の労働者は同じ会社で勤めあげたいと思っているでしょうし、実際に転職活動を始めるのは、リストラをされてから、もっとひどい場合だと、リストラされて失業給付が終了してから、という人もいるかと思います。

しかし、企業としては当然、休職期間が長い人を敬遠します。
また、大規模なリストラが発生すると、同じ求人(1名採用)に、元同じ会社の社員が20人群がる、ということも、往々にしてあり得ます。

そうなると、そこを勝ち抜くのは正直言って至難の業です。

自分の直面しているリストラ環境が、ある程度大規模になりそうであれば、できるだけ早く動いた方がトクです。求人もあらかた食い尽くされたような中途半端なタイミングで転職活動に入ってもトクすることはまずありません。

つまり、リストラ環境における転職活動は、できるだけ早いうちに始めることが得策です。

その他、リストラへの対策として・・・

その他に、リストラへの対策としては、やはり、現職での利益を少しでも積み増していくことであると考えています。

暴論のように聞こえてしまうかもしれませんが、現職が利益を生み出し続けている限り、自分がリストラされる可能性は限りなく低くなります。
自分自身が、周りを巻き込んで、同業他社に比べて利益を出し続ける体質を作ることこそが、一番のリストラ対策になりますし、もしリストラされてしまったとしても、転職活動の成功に近づくことができるのだ、と思っています。

自分が正社員なのであれば、一番重要な仕事は仕組みづくりです。
それは上に書いた「再現性」にも繋がりますし、目の前の仕事をただこなすだけの社員と一線を画すことにも繋がります。

1円でも利益をあげる・1円でも売上を上げるために、どんな仕組みをつくることができるのかを、常に考えることが何より重要であると考えています。

でも正直言って、やっぱり高卒現業は再就職難しいと思う

とここまで転職に関しての自分なりの「正論」を述べてきましたが、正直な話、高卒現業社員の再就職は難しい、というのが正直なところだと思います。

正直、求人を見ていても、40代の現場社員を新たに採用するケースをほとんど目にしません。せいぜい20代までの採用が一般的かと思います。

40代の現場社員を採用するとすると、会社としてそこの層だけ、年齢的に著しく薄いことくらいしか思いつかない、というのが正直なところです。

ただのライン工でいるのではなく、現場系の各種資格や実務経験・改善実績等はかならず持っておきたいというのが、正直なところですね・・・。

 


↑私かもめんは老後資金をidecoの米株インデックスで準備しています↑


↑私は家族人数分NISA口座を開設して、その範囲内で株式投資しています↑

このブログは、ご当地情報や安売り情報をお届けするという特性上、必ずしも将来に渡って最新情報が掲載されるワケではありません。
また、情報の正確性には極力気をつけてはおりますが、必ずご自身でも公式HP等をベースにお調べいただきますよう、お願いいたします。

また、投資は自己責任です。twitterでDM等をいただいても、アドバイスや意見をお伝えすることはできますが、最終的にはご自身で責任を負っていただくことになりますので、ご了承お願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました