楽天モバイル 1年無料(300万台)のキャンペーン対象基準が明確になった

節約

こんにちは!(自称)サイドFIRE達成者のかもめんです。 このブログでは、サイドFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしていきます。

2月に家族全員で楽天モバイルに乗り換えた旨の報告をさせていただきました。
その後、両親の分も乗り換えているが、こちらも300万台無料の対象かが怪しい、と書いていましたが、この度、キャンペーン対象になるかどうかの基準が明確になりましたので、今日はその旨をご報告します。

前回の記事はコチラ:300万人滑りこめた!? 家族全員で楽天モバイルに移行完了しました | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

ちなみに、両親も300万台に滑り込み成功しました

前回の記事で、300万人に滑りこめるかどうかの情報が曖昧である旨(申し込みのタイミングなのか、開通のタイミングなのか不明)を書きましたが、うちの両親も、無事300万台無料に滑り込むことができました!!

うち両親の場合、以下の通り、手続きがかなり難航しました。
1,(2月頭)MNP転出手続きは2月頭には完了
2,(2月頭)楽天モバイルでも手続きが完了
3,(2月第1週)MNP転出手続きと楽天モバイル転入手続きに不備があったことが発覚。(原因はauや楽天ではなく、当方)
4,(2月第2週)MNP転出手続きをやり直した
5,(2月第3週)MNP転入手続きをやり直した
6,(2月第4週)楽天HANDが到着、正式に開通し、1年間無料が採用されることが判明

原因は、当時の携帯の契約情報に不備があったことなのですが(3)、その後MNP転入手続きをした時(5)には楽天HANDは3月入荷予定となっており、この段階で、300万台滑り込みは不可かと思っていました。

しかし、恐らく楽天モバイルでの手続きは2月早々に行っていたため(2)、どうやら機種は抑えられていたようで、意外と早く当方に送ってもらうことができ、無事300万台に滑り込むことができたと思っていました。

いつの間にか楽天モバイルホームページに300万人の要件が追加

ところで今日ネットサーフィンをしていて気づいたのですが、いつの間にか、楽天モバイルのホームページに300万人の要件(というか自分が1年無料の対象か)が追加されていました。

以下、公式ホームページより抜粋

・これからお申し込みいただく場合
プラン料金1年間無料キャンペーンが適用されるかは、以下の方法でご確認いただくことが可能です。
お申し込み手続きの際に、 「お申し込み内容の確認」画面に表示される
「Rakuten UN-LIMIT」の下に「月額プラン料金1年無料」と表示がございましたら、1年無料キャンペーンの対象となります。 

・お申し込みいただいた後に確認する方法 
お申し込みいただいた後に、1年無料プランが適用されているかは以下の手順にてご確認ください。
1. 「my 楽天モバイル」にアクセスする
2. 画面上部に表示される「申し込み番号」をクリック(タップ)する
3. 画面下部に表示される「お申し込み内容」内に、「月額プラン料金1年間無料」と、「-2,980円」が表示されていれば、 1年無料プランにお申し込みされております。

以上、公式ホームページより抜粋

(参考画像)

 

つまり、「注文を入れた日ベースで先着300万人」というところで、1年無料になるかが決まる模様です。

本当に300万人で切るつもりなのかは謎

2月中旬に楽天モバイルのお店にいった時には、2月20日頃には300万人行ってしまうのではないか、的なことを耳にしていたのですが、今のところ、300万人に達したというアナウンスは聞いていないです。

集計に時間がかかっているのか、販促費として見込んでいるため、ある程度無料でも会員を増やしたいのかは不明ですが、今の段階で申し込んでおけば、300万人には滑り込むことができそうな感じがしています!

もし申込みを迷っている方がいたら、とりあえず1年間無料が適用できる今のうちに申込みをしておくことをおススメします。

 

なお、三木谷社長は今回の値下げを「楽天経済圏のための販促費」みたいな言い方をしていましたが、確かに私も、これまで全く使っていなかった楽天市場を少しは使うようになったため、まんまと楽天経済圏に取り込まれつつある、という感じです(笑)

 


↑私かもめんは老後資金をidecoの米株インデックスで準備しています↑


↑私は家族人数分NISA口座を開設して、その範囲内で株式投資しています↑

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました