子どもの教材は色々試した結果、スマイルゼミに落ち着きました(2年使った感想)

子育て

子育て教育系のブログやtwitterやamazonレビューは、デキるお子さんの情報ばかりで参考にならない・・・。月に50冊も読み聞かせなんてしてないし・・・。子どもとか子育てってマウンティングの道具だったっけ・・・。と思っているそこのあなた、ご安心ください。

わが家には、学年の学習についていくのがやっとという成長ゆっくりめの子と、学年先取りくらいはできちゃうよ~という成長早めの子がおります。

当ブログでは、そんな2人を見ながら、子どもに最適な教材や学習方法を日々模索している、等身大の教育方法についてご紹介していきます。

以前公文式の先取り教育について書かせていただきましたが、わが家では色々と試した結果、現在はスマイルゼミでの学習に落ち着いて2年くらい経ったので、そのあたりの報告をさせていただきます^^

<類似記事>
早期教育で公文てどうなのか~対照的な子2人を見ての感想 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)
うんこドリル 「勉強の息抜きにできる勉強」として最高! | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

これまでわが家で取組んだ教材たち

これまでわが家では、以下の通り、色々と家庭学習系の教材に取組み、挫折もしくは別のものに切り替えてきました

こどもチャレンジ
言わずとしれた、幼児教育会の雄です。
私が子どもの頃に大喜びで取組んでいたので、子どもにもやってみてもらいました。

<子どもチャレンジのメリット>
・安い
・毎月自動で届くので、親の管理がラク
・知育玩具や体験系教材の物量がすごい

<こどもチャレンジのデメリット(わが家がやめた理由)>
・進度の遅い子(上の子)には幼児教材が難しかった。進度が遅い子には親もヤキモキしてしまい精神衛生上もよくない。一方で進度の早い子(下の子)には退屈。
・継続するモチベーションが得づらい※赤ペン先生とのふれあいが幼児の頃にはない。
・教材関係や知育玩具が続々と送られて来るので、部屋が片付かない

 

公文

先日もご紹介した公文式です。
うちの子には合いませんでしたが・・・以前勤めていた会社で、東大・一橋大・神戸大卒の優秀な後輩たちが公文教育を絶賛していたり、また別の会社の上司(小3で微分を終わらせた)も公文教育が自分の原点と語っていたので、ある程度地頭の良いお子さんにはガッチリハマるか、計算力が足りてないから学年戻ってでもとにかく訓練したい!というお子さんにはピッタリかと思います。

<くもんのメリット>
・子どもの進度に合わせた教材を先生が見定めて、与えてくれる(学年超える・学年戻る等ができる)
・毎日の宿題が出る。机に向かう習慣が作れる
・繰り返し解くことで、自然と問題が解けるように設計されている(教材の質が高い)
・国語では読書のクセ付けができる。選定図書の品質も高い
・幼児の運筆教材、ズンズンの質が非常に高い!!!

<くもんのデメリット(わが家は元々2人とも3教科受講。現在は2人とも英語のみ受講にした理由)>
・コスパが悪い(1教科7000円くらい。3教科とると1人あたりで21,000円/月かかる)
・自学自習だと習得に時間がかかる。
・しっかり理解できていなくてもパズル的に解き進められるが、数の概念や言語の仕組みまで子どもだけで自力で到達するのが難しい
・高進度の賞状等をもらえるが、3か月に1度とかなので、PDCAが回るのが遅い。また、ある程度上位になると順位が固定されてくる(順位落ちるのは一瞬なのにね・・)

(関連記事)
早期教育で公文てどうなのか~対照的な子2人を見ての感想 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

 

ドリル

本屋で購入するドリルです。
こぐま会・理英会・学研・公文・七田・うんこドリル等、様々な教材があります。

<ドリルのメリット>
・とにかく一番安い
・親が本気を出して教材研究すれば子どもに最高に寄り添ったカリキュラムが作れる
・子どもの苦手分野を親も常に把握することができる
・絵柄や内容が子どもにハマるものだと、取組みの質が向上する

(類似記事)
うんこドリル 「勉強の息抜きにできる勉強」として最高! | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

<ドリルのデメリット>
・子どもにちょうど良いレベルのドリルを見極めるのが難しい
・親の過度な期待で子どもに無理をさせかねない
・ドリルを買うのが面倒
・進度、ペース配分等のモチベーション管理が難しい
・親が必ずマルつけをする必要があり面倒
・プロの目が入らないので、なぜこれが苦手なのかの分析が難しい

わが家では、小学校就学前は、こぐま会のひとりでとっくんシリーズにハマっていました。
理英会とこぐま会で好みが分かれますが、わが家ではなんとなく、こぐま会の方が絵が優しそうで好きだったのと、思考系の問題でドンピシャなものがこぐま会の方が多かったので、こぐま派でした。

↓今はこぐま会もタブレット教材を出していて、返品もできるようなので、幼児教育で迷っている方はいったん始めてみても良いかもしれません^^↓ 

自分の子どもの時にあったら絶対幼児教育に使ってたわ・・・。

当然ながら、どの教材にも一長一短があります

上の項目で書いたとおり、それぞれの教材には良し悪しがあります。

恐らく一番良いのは、百戦錬磨の家庭教師に毎日付きっ切りで指導していただくことなんでしょうが、正直いってそこまでのお金も時間もないし・・・

ということで、一般家庭では、
・こどもチャレンジをはじめとした通信型
・公文や塾をはじめとした通学型
・親が進度を調整しながら子どもにあった教材を与えるドリル型
の3つの中から、お子さんの相性も含めて、選択されていくのではないかと思います。

わが家の教育ニーズ

わが家は共働きで、夫婦どちらかが出張に行ってしまうことも多いため、親がワンオペ状態になってしまうことが多いです。一方これまで公文式を長年取り組んできたため、最低限の学習習慣(とりあえず机に向かう程度)はつけることができています。

それらを踏まえ、わが家では以下のような教育ニーズがあります。

・自動採点、自動で教材選定など、手離れが良いこと

・子どものレベルに合った教材が提供されること(遅れている場合は繰り返し・進度が早い場合は先取り)

・思考型・ドリル型どちらもバランスよく取組めること

・学習の習慣を崩さず、継続するモチベーションがあること

これらのニーズをスマイルゼミ(タブレット型教育)ではほぼドンピシャで満たすことができましたので、以下、詳しくご紹介していきます。

タブレット型教材とは

その名の通り、タブレットにダウンロードされた教材を行う学習方法です。

有名なところでいうと、スマイルゼミ・チャレンジタッチ・Z会あたりをやっている方が多いかもしれません。

どれも手持ちのタブレットに学習教材が送られて来るのではなく、申込をすることで子ども専用のタブレットが送られてきます。この段階で子どものモチベーションはかなりアップします!

また、タブレットが手に入るとyoutube漬けになってしまうんじゃ・・と思うかもしれませんが、実態としてそんなことはなく、プリインストールされている学習アプリ以外は開けないようになっています。(何やら設定するとふつうにandroidアプリとして使えるそうですが、小学校中学年以下であれば基本的に大丈夫かと・・)

わが家ではこれまでタブレット教材として、スマイルゼミとチャレンジタッチを試してきました(Z会は難しい印象で手が出ませんでした!)。

そこでまずは、スマイルゼミとチャレンジタッチの比較から始めたいと思います。


チャレンジタッチと比較してスマイルゼミを選んだ理由

わが家ではタブレット教材を発注するにあたり、とりあえず両方発注して、親目線、子ども目線で比較してみた結果、スマイルゼミを始めることにしました。

以下、わが家がスマイルゼミを選んだ理由について記載します。

タブレットの質(ハード面/タッチパネル・ペン等)が、圧倒的にスマイルゼミの方が高い
タッチパネルの質が圧倒的にスマイルゼミの方が高かったです。
漢字を書く練習もタブレットの画面上で行うので、ペンの質・タッチパネルの質が高い、余計なところをタッチしてしまわない・画面が大きいことは非常に重要です。
特に漢字の止めはねまでしっかり練習するためには、ある程度のタッチパネルの質が必須です。
そういった点では、スマイルゼミの圧勝といえるかと思います(さすがジャストシステム社)

チャレンジタッチは楽しすぎるが、スマイルゼミは表現がほどよい
チャレンジタッチは起動するとキャラが楽しそうに舞ったり、きらびやかな画面があったり、BGMが豪華だったりと、正直いうとあまり勉強感がありません。
わが家では、公文のおかげで学習机に向かう習慣だけは身についていたため(デキが良いとは一言も言っていない・・・)、遊びっぽい雰囲気になってしまうチャレンジタッチには、正直ちょっと抵抗がありました。逆に低学年で机に向かう習慣が欲しい!という方にはチャレンジも良いのかもしれません。
スマイルゼミは、きらびやかではないものの、今日何をすれば良いかが一瞬でわかる。そういった点で、ある程度ほっといて学習しておいて欲しいわが家には、ちょうど良いのがスマイルゼミでした。

チャレンジタッチはやるべき教材がどこにあるのかよくわからない
先ほどの「楽しすぎる」と通じる部分ですが、チャレンジタッチは立ち上げて、どの学習に取り組むか、その学習で十分なのかが把握しづらいです。
一方スマイルゼミは立ち上げると「今日のミッション」が立ち上がり、その日はとりあえずそれをやれば良い、それが終わったら同月内の別教材に取り組むことができるが、そのインターフェースも非常にわかりやすい、という点で、スマイルゼミの「やる気になったらすぐ学習が始められる」という点が気に入りました。


↑スマイルゼミはタブレットを立ち上げると、必ず「今日のミッション」という画面に行きつき、その日にやるべき教材4つくらいに迷わず行きつけるようになっています↑



スマイルゼミでわが家の学習ニーズが満たせるか

親として大変お恥ずかしいのですが、私たち夫婦は比較的自分たちの仕事や趣味の時間を大切にしたいと思っており、正直子どもたちに24時間365日体制で真剣に向き合えてはおりません・・・。

そんな私たちの教材ニーズを、スマイルゼミが満たせているか、1つずつ見ていきたいと思います。

自動採点、自動で教材選定など、手離れが良い
これに関しては文句ナシです。
基本的に1問終わるごとにマルつけが入ります。
公文は数日前にやった問題のマルつけをしてもらってから直したりするので、それに比べて、すぐ間違えたことに気づけるのは、子ども自身のPDCAがすぐ回る点でも良いと思います。
漢字も(ちょっと採点が厳しい気もしますが)とめはねや字のバランスまでしっかり見てくれるので、最初は挫けがちですが、慣れれば確かに美文字になる感じがします。

子どものレベルに合った教材が提供されること(遅れている場合は繰り返し・進度が早い場合は先取り)
正直、これに関しては少し不満があります。
せっかくタブレットを使っていたり、ネットと通信機能があるのですが、AIで苦手を自動診断してくれることがなく、ただただその日に決められた教材を取り組むようなアルゴリズムが組まれています。
フォローするとしたら、教材の取組み結果を親のスマホから確認できるようになっているので、その得点等を見て、別日にその分野をもう1度やるように仕向けたりはできますが、ジャストシステムにはもう少し未来の機能を期待したいところではあります。

思考型・ドリル型どちらもバランスよく取組めること
スマイルゼミは教材自体が教科書に則っており、進度も学校と同じ程度に進むように設計されています。
教科書の内容は動くイラストで視覚に訴えるように、動画で考え方を示してくれます。これが特に下の子には非常にわかりやすいようです。
また、「今日のミッション」の中には、計算ドリルや漢字ドリルが含まれていたり、逆に教科書に載っていない文章に挑戦する「ちょうせん」問題があったり、思考型・ドリル型のどちらもバランスよく取組むことができます。(わが家はスマイルゼミを始めてから、安心して公文の国語・算数をやめました)

学習の習慣を崩さず、継続するモチベーションがあること(スマイルゼミはほどよく楽しい!)
学習習慣やモチベーションに関しては、しっかり仕向けてくれているように感じます。
教材をこなすことでスター(ポイント)を貯められるのですが、そのスターをつかってアバターを豪華にデコることができます。
最近はアバターのコンクールみたいな取組みもやっていて、他の子のキャラを見たり、自分のキャラをもっとオシャレにしたい!とモチベーションに繋がっています。


↑子どもたちもそれぞれ好きなようにアバターをデコって楽しんでいます↑

その他、「今日のミッション」をこなすとカードを集めることができたり、ミニゲームで遊ぶことができたりと、勉強をすることで色々と楽しい仕掛けに出会えるようになっているのもモチベーションに繋がっているような気がします。

ミニゲームもスーファミ世代にはとても楽しいと思えるようなゲームが揃っています^^
わが家では家族みんなでミニゲームで盛り上がったりします。作りが単純なのですが、ついついハマってしまうゲームたちです。

 

ということでわが家では完全にスマイルゼミが家庭学習の肝になっています。

私がスマイルゼミを気に入っている理由

上記の通り、わが家のニーズをバッチリ満たしているスマイルゼミですが、その他、私たちはこのような点が気に入っています。

1:料金がものすごい安くて、コスパが良い
料金は1人あたり1か月約5,000円です!
国語・算数・理科・社会・英語を全て網羅して5,000円。
公文だと1教科7,000円で国語・算数・英語を全てとると21,000円。
ドリルも各教科月1冊ずつ買い与えるだけでも5,000円かかります。

そう考えると、経済的にものすごいおトクに使えるのがスマイルゼミです!

2:教材は当月分だけでなく、過去分まで含めて何度も取り組むことができる
例えば紙の教材だと1度やって終わり。頑張って親がスキャンしても、何度も印刷するのも面倒ですよね。
でも、スマイルゼミなら、これまで取り組んだことのある教材なら、過去に立ち戻って何度でも行うことができます。

例えば、「2桁同士の足し算」という教材が苦手そうな雰囲気であれば、「2桁+1桁の足し算」という教材に戻ることができますし、割り算が苦手そうなら、九九のドリルに立ち戻ることもできます。

公文の指導者ほど的確にナビゲートはできないかもしれませんが、いちいち新たなドリルを探しに本屋や楽天市場に行くまでもなく、同じタブレットの中で必要そうな教材に立ち戻ることができるのは非常に便利です!

子どもができなそうな瞬間に、そこを埋めることができるのは、恐らく子どもにとっても非常に良いのではないかと思っています^^

3:WIFI環境でなくとも使える「おでかけモード」がある
基本的にはWIFI環境で取組む(都度教材をネットからダウンロードする)教材ですが、2か月分程度の教材をまとめてダウンロードして、非WIFI環境で取組める「おでかけモード」が存在します。

おでかけモードが使えることで、例えば祖父母の家に泊まりに行く時も、家で事前に教材をダウンロードして、スマイルゼミだけ持参すれば、最低限の日常的な学習だけはこなせてしまいます。

その他、スポーツの強豪ジュニア選手が遠征の時におでかけモードにして、待ち時間に学習をこなす等もできると思います。試合の時とか、待ち時間がほとんどだったりするので、その間にボーっとしたりスマホゲームに夢中になるくらいなら、最低限の学習をこなせてしまうのはとても良いのではないでしょうか^^



 

子どもたちの学習にも成果が出ている

上の子

上の子は自分の学年相当の教材に取り組んでいます。
学校の教科書と同じくらいの進度で進むので、学校でついていけなかったところをしっかりフォローできたり、逆に少し先取りしたり、同じ内容を何度も解くことで理解が深まったりしているようです。

頻繁に計算ドリルや漢字ドリルに取り組む設計になっている(「今日のミッション」で自動的に割り当てられる)ので、現代の学校で失われがちな計算問題に関しては、本人も(訓練量が多いからこそ)、他の子より少し得意!という認識でいられるようです。

なお、上の子は元々低学年のうちから学年相当の学習についていくのもやっと・・という感じだったのですが、スマイルゼミを始めるようになってから、だんだんと学校の勉強においつけるようになってきています!自分でもそれがスマイルゼミのおかげだと気づき、前向きにスマイルゼミに取り組むようになっています!!

 

下の子

下の子は学年相当+1年の教材に取り組んでいます。
元々は幼稚園児の頃に試しに与えたら問題なかったので、年長児に小学校の先取りをと思いそのまま今に至る感じですが、特に算数を動画で説明してくれるのがものすごいわかりやすいようで、現在も問題なく取組んでいます。

国語も、幼稚園児の頃から文章を読むきっかけづくりができており、年長児に1年生の挑戦問題を解くのはかなり大変でしたが、今では+1年生の国語もそれなりに取り組めています。

そのおかげか、学校の学習でもコンプレックスを抱くことなく進められているそうです。が、最近は低学年のうちから塾通いしている子がゴロゴロいるそうで、調子にのるほど自分に万能感があるワケではないそうです(笑)

ただこちらもやはり、ドリルでの計算訓練を行う機会が豊富なので、計算力については自信があるようです。
特に下の子のクラスは、計算を教えるだけでなく、先生が「なぜ計算はこうやるのか」みたいなちょっと独特な授業をするのが好きなようなので、学校の授業も新鮮に取組めているようです。

また、幼児期の学習(国語・算数とかではない)については、思考系の学習が中心になりますが、動画で視覚聴覚に訴えてくれるつくりは非常にわかりやすかったようです。

特に下の子は、スマイルゼミのスターを集めるのが大好きで、先日も999(MAX)までスターを貯めて自慢してくれました。(スターはアバターのパーツやゲームと交換することもできる)
目に見えるライバルはいませんが、スターを貯めるなど、なんらかの目標の指標があるのは、下の子にはとても良いようです。

わが家にはハマったスマイルゼミ

ということで、今日はわが家にばっちりハマった教材として、スマイルゼミをご紹介しました。

個人的にはこれで粘れるところまで粘りたいなぁと思っています。

 

中学受験をしたいとか、高校受験でトップ高を目指したい、ということであれば、もう少し高度な教材やある程度の教育環境や競争環境が必要かと思いますが、

年中くらいからの学習習慣をつけたい

親がつきっきりじゃなくてもある程度勉強で自走して欲しい

まずは教科書レベルの知識をしっかりつけて欲しい(発展レベルもあります)

全教科学べて5,000円/月くらいで納めたい

というニーズにかなりピッタリの学習方法だと思います。

よろしければ参考にしてみてください^^



 

<類似記事>
早期教育で公文てどうなのか~対照的な子2人を見ての感想 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)
リモート授業ならamazonのkindleFIREが最強コスパだしこれで十分! | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

 


↑私かもめんは老後資金をidecoの米株インデックスで準備しています↑


↑私は家族人数分NISA口座を開設して、その範囲内で株式投資しています↑

お知らせ

こんにちは!サイドFIRE達成者のかもめんです。
このブログでは、サイドFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしていきます。

【twitter更新中】 @Kamomen_FIREというIDでツイッターをやっています。 ブログに書くほどでもないおトク情報や速報、毎週購読している週刊東洋経済の抜粋もつぶやいています。

【当ブログをお読みになるにあたっての注意点】 このブログは、ご当地情報や安売り情報をお届けするという特性上、必ずしも将来に渡って最新情報が掲載されるワケではありません。 また、情報の正確性には極力気をつけてはおりますが、必ずご自身でも公式HP等をベースにお調べいただきますよう、お願いいたします。

また、投資は自己責任です。twitterでDM等をいただいても、アドバイスや意見をお伝えすることはできますが、最終的にはご自身で責任を負っていただくことになりますので、ご了承お願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました