優待投資とは何か。超簡単にまとめてみます

こんにちは!(自称)セミFIRE達成者のかもめんです。

このブログでは、セミFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしていきます。

さて、あの有名な桐谷さんのお陰で一般的になった株主優待投資ですが、投資手法としてあまりに有名になってしまったため、

・今更優待投資をしても儲からないんじゃないの?

・優待もらうから結局割高になるんじゃないの?

と思っている方も多いと思います。

確かに一理ある意見ですが、今日は、そもそもの株主優待投資の本質に立ち戻って、考えてみたいと思います。

◆そもそも株主優待投資とは?

株主優待とは、簡単に言うと、ある日(期末とか)に株を保有している株主に対して、企業からプレゼントがもらえる制度のことです。

世界的には、株式投資でもらえるのは「配当」です。配当は、1株5円といった感じでもらえるので、10,000株持っていれば5円×10,000株分。1,000,000株持っていれば5円×1,000,000株分の配当金がもらえます。

「優待」については、だいたいの会社が100株保有でプレゼントをくれますが、1,000株持っていても10,000株持っていても、もらえるものは100株と同じです。

こう聞くと、「優待」って少数株持っている人の方がおトクという、ちょっと意味不明な制度ですよね?

では、何のために企業は「株主優待制度」という、少数株主を保護するような施策を、わざわざ打っているのでしょう。

◆少数株主にトクな株主優待って意味あるの?

答えとしては、「個人投資家に株を保有してもらうため」です。

投資の世界には、機関投資家と個人投資家という人たちがいます。

超おおざっぱに言うと、機関投資家は投資銀行等で、もうかりそうな株に投資をして、株価が上がったところで売りぬいたり、株価が下がりそうになったら、これまた売ってしまうことで、いわゆる損切りをしたりします。機関投資家は決められた期間内に一定以上の成績を収める必要があるため、ある程度アクティブに投資をする必要がある場合が多いのです。

一方、個人投資家の武器は時間です。多くの個人投資家が、アクティブに日々売買に精を出すというよりは、「将来のために」や「余剰資金で」といった理由で現金を株式に変えて保有しています。

株を発行している企業にとっても、何かあっても簡単に売りさばかない個人投資家というのは、実はけっこうありがたい存在です。株価が安定するからです。

例えばリース業最大手のオリックスは、リーマンショック時に赤字計上していないにも関わらず、外資の資金引き上げによって、株価が猛烈に下落してしまいました。

そこでオリックスでは、個人投資家を増やすことを目的に、株主優待を新設し、今では超大人気の株主優待になっています。

ということで、株主優待投資は、「大量に株を購入するワケではない個人投資家向き」といえると思います。

次回の記事では、優待投資を進める上でのポイントをお話していきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました