レンタルやリースは本当にトクなの?~リベ大を実際の物件で検証

サイドFIRE

こんにちは!(自称)サイドFIRE達成者のかもめんです。 このブログでは、サイドFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしていきます。

リベラルアーツ大学という、80万人くらい登録者のいる資産構築系youtuberがいらっしゃいます。通称リベ大。

私はリベ大を見ていて、「話の組み立てがうまいなぁ」とか「良いこというなぁ」と思うことは多々ありますが、「いやそれはいくらなんでも極端すぎない?」「内容が実態に即してないケースも多いよね?」と思うことも多々あります。

今日のリベ大の内容でも「少なくとも自分のケースには当てはまらないんじゃないかなぁ」と思うようなことがあったので、真面目に検証してみます。この項目を書いている段階で、まだ内容をちゃんと検証せずに書いているので、もしかしたらリベ大の言っていることが正しいかもしれません。詳しくは読み進めていってみてください^^

今日のリベ大動画はコチラ:第239回【 7つの判断基準】家や車、買うのと借りるのどっちがおトク?実は知らない「判断基準」を解説【お金の勉強 初級編】 – YouTube

なお、真面目に検証記事を書いているつもりでありますが、もしリベ大から事実誤認等の指摘を受け、削除や訂正の要請がありましたら検討しますので、ご一報ください。

リベ大 動画の概要をざっくり

購入には、「初期費用」「バランスシートへの影響」「トータルコストが見えない」「事務の手間」等、7つの要素がある。

<初期費用>
家の購入:頭金・仲介手数料・印紙代等がかかりますが、所有権を得られる。
賃貸:敷金礼金・前家賃・仲介手数料等がかかります。所有権は得られない。

<バランスシートへの影響>
購入:要するに家計の健全性が損なわれる
賃貸:家計の健全性は損なわれない

<トータルコストが見えない>
購入:毎月毎年出ていく費用が見えない。想定外の費用がかかる。
賃貸:一定の金額のみでリスクが少ない

<事務の手間>
購入:事務の手間がかかる。壊れたら自分で治す必要があり、手配が面倒
賃貸:貸主に任せられる。

その他、災害対応等で賃貸の方がリスクが少ないという部分が語られていました。

要するに、購入はリスクが大きい。賃貸はリスクを抑えられる。というのが大枠です。

実際の例(全く同じマンション)で検証

守谷駅近くのひがしの4丁目にある、レーベン守谷PRECIOUS
こちらは3,680万円で購入することができます。

一方このマンション、賃貸だと月18万円かかります。

では、ここで単純計算で、購入と賃貸、どちらがトクかを考えてみたいと思います。

<購入(3,680万円)の場合>金利1%でフラット35を使ったと仮定
ローン:10.4万円
管理・修繕:2.1万円
固定資産税:1万円(年間12万円と仮定)←たぶんこんなにかからない
で、要するに月13.5万円かかります。13.5万円×12か月×35年=5,670万円

36年目からはローンナシ、管理・修繕・固定資産が値上がりして月5万かかるとして、50年間で5万円×12か月×15年=900万円

バリアフリーのため等、途中で100万円×2回リフォームしたとして

購入だと、一生涯で6,870万円かかるイメージです。

<賃貸の場合>
5年はアパート(9万/月) 6~25年はレーベン(18万/月) 25~35年はアパート(7万/月) 最後15年はバリアフリーマンション(10万/月)に住んだとして、
9万×12か月×5年+18万×12か月×20年+7万×12か月×10年+10万×12か月×15年=7,500万円

購入だと、一生涯で7,500万円かかるイメージです。

※ここでは計算を複雑にしないため、購入のローン手数料、減税、賃貸の敷礼金・更新・引っ越し代等は含んでいませんが、それぞれ合算すると購入・賃貸ともに同じくらいのお金がかかるとして計算しています。

 

ということで、改めてまとめてみましょう。

購入派(6,870万円)のメリット
・賃貸より600万円安い(住宅ローン減税を加味すればさらに300万円くらい浮く)
・所有権がある。汚す・壊す等も自分が許せれば問題ない。
・団信加入により、保険代が浮く(現在はがん団信等もある)
・生涯広いマンションに住める
・資産性が残った分、6,670万円からさらに負担額は減る

賃貸派(7,500万円)のメリット
・住み替えが容易
・管理を貸主任せにできる
・災害等が起きてもすぐ別の土地に移ることができる
・毎月定額の家賃を払えば良いので、家計管理が容易

ざっとこんな感じでしょうか。

要するに、賃貸は600万円大きく負担するかわりに、流動性を高められます。ということです。

で、ここで考えなくてはならないのですが、みなさんにとって、600万円てはした金ですか?600万円も払って、流動性を保ちたいですか?

購入は本当に流動性がないのか

確かに、購入は賃貸に比べれば、流動性が低いといえるでしょう。

でも、購入したからと言って、流動できないかと言われれば、全くそんなことはありません。

一定の資産価値があるものであれば、流動性は多少低かったとしても、流動させることができます。

例えば、SUUMOで守谷駅の中古マンション(販売)を検索すると、18件出てきます。
いえ、正確には「18件しか」出てきません。

ライオンズ・ポレスター・レーベン×3・レクセルプラザ・ブランズシティ・サンクレイドルと言った、名だたるマンションを全て合わせても、たった18件。

これは、何よりの流動性の高さ(供給が少ないため、出した瞬間売れてしまう)を表しているのではないでしょうか。

今日のリベ大動画を見る限り、過度に購入のリスクが高い・賃貸のリスクが低いといった点を強調していたかと思いますが、私は、こと守谷に関しては、場所さえよければ、流動性は高められると考えています。

先日新しいレーベン守谷の説明を聞きに行った時も、営業の方が「意外と市内マンションからの住み替えが多い」と言っていました。また、駅徒歩圏のマンションに関しては、新築時よりそこまで落ちておらず、家賃分と考えても、かなり格安で住むことができる状況であった、との噂も耳にします。(あまりに古いマンションが少ないということもあるでしょうが)

でも賃貸は固定資産税ガー 修繕ガー

しかしやはり、賃貸派初心者の方からよく聞くのは、

いやいや、購入したら固定資産税がかかるじゃん。あと修繕もかかるじゃん。的なやつです。

それに関しては、一瞬で論破します。

それ、賃貸の家賃に、含まれてまーす!!!!(笑)

 

賃貸オーナーは趣味で経営しているワケではないので、それら費用は、家賃に当然含んでいます。さらに、賃貸オーナーの利益まで乗せています。

当然です。儲からなければ誰も賃貸経営なんてしません(笑)

今回の動画では、本当にサラっとですが、触れられていました。これまではスルーされていたのですが、ようやくサラっとでも触れてくれるようになって、今後、リベ大がより公平な情報を取り扱ってくれれば良いなと思います。

車だったらどうか

車に関しては、私は使用頻度と金利によると思っています。

例えば700万円のアルファードを月6回乗ったとして、5年後に300万円で売れたとしたら、700万円-300万円 ⇒ 400万円/(12か月×5年)=6.6万円/月
これにガソリン代・保険代・車検代(月割)等入れたら、月8万円くらいでしょうか。
結構高いですね。

しかも実際、月に6回もアルファードに乗る必要はないので、例えば5回を180万円の軽自動車にして、1回をアルファードのレンタルにしたとしましょう。

そうすると、180万円/(12か月×5年)=3万円/月 + レンタル代1万=4万円/月
ガソリン代・保険代・車検代等を加味しても、月5.5万円くらいにおさまるかと思います。

このレベルまで、本当に必要性を加味して、検証するのであれば、アルファードのレンタルについても検討して良いのではないでしょうか。

要するに「あんまり乗らない・もしくは普段は空気を運ぶだけのアルファードまでは購入しなくても良い」というだけで、リベ大でレンタルの方が良いっていってたからレンタルにするんだぁぁぁ!というのは、どうかと思います。

というか、毎回レンタルする・・・?

毎回車をレンタルすればいいじゃないか!その方がトクだ!!!という意見もあるかと思います。

しかし、レンタルはレンタルで、手続きが面倒です。また、飛び石(避けようがない)でお金を請求される恐れがあるかもしれません。

借りる時:予約→店にいく→手続き・傷のチェック
返す時:給油→店にいく→傷のチェック・手続き→家に帰る

と、それなりにステップが多いです。手続きに時間がかかります。
その手続きの労力を毎回考えるのであれば、そこまで高くない軽自動車とかFITとか買えば良いんじゃないかな?というのが、私の正直な意見です。

 

ただ、守谷には「タイムズカーシェア」の拠点が3か所あります。

タイムズカーシェアは、アプリから簡単に借りることもできますし、給油を必ずやらなくても良い、短時間であれば安くあがる、といったメリットもあります。

家の徒歩圏にタイムズカーシェアがある場合は、活用することを強くおススメします!

ちなみに私の車代の家計管理方法

私は、車に関しては、例えば180万円の車を買ったら、60(5年×12か月)で割って、月3万円ずつ家計から支出があったと仮定します。

3万円×12か月=36万円/年 で、1年間で36万円の支出をした、と仮計算します。
さらに、ガソリン代・車検代・保険代も加味し、車費用として5万/月の計算をします。
これは、実際のお金の流れではなく、あくまで仮計算。簿記でいうと、原価償却に近いイメージです。60で割るのは、5年で価値がゼロになると考えます。

実際は5年乗っても、40万円とかで売ることができるので、この40万円を、次の購入費用の足しにしたりしますし、5年以上乗れば、その分、もっと家計が浮くことになります。

あくまで、「1か月で家計にこれくらいのダメージを与えてるんだよ」ということを認識するために、プチ原価償却方法をとっていますが、何かと車があった方が便利な地区ではありますので、上手に家計管理をして、便利に車を使えれば良いなと思います^^

リベ大の何が気になるのか

あとは個人的に家は買うな系の動画で気になったところについて列挙していきます。

家は初期費用等が高くつく。そのお金を賃貸派は資産運用で増やせるから、高くつくレンタルでもおトク
→レンタルで抑えた出費でリスク資産を運用したら、結局「リスクガー」とか言ってたレンタルにリスクを抱え込んでいるだけなのでは?

バランスシートが痛む・価値は減損したらそれは資産ではない
→家計って、家族構成からある程度の将来予測がつくし、毎年決算して株主に評価してもらうものでもないから、一時的にBSが痛んでも別に良くない?
もしくは不動産が、一時的に購入価>売却価になったとしても、将来的にお金の面では購入派の方がトクなのは、学長も認めているところだよね?

陳腐化する
→数年ごとに陳腐化しないように最新設備の賃貸に乗り換えるのって、貴族の遊びだと思う・・・。賃貸と購入どっちが「トク」かを語る時に陳腐化を持ち出すのって、論点ズレてないかな?

事務手続きや管理が面倒
→賃貸だからこそ、壊さない・傷つけないように丁寧に使わなくてはならないので、管理が面倒な気がする。あと、レンタカーは手続きや借りに行くのが超面倒。購入だけことさら面倒だったり神経を使うようなものでもないと思う。

残債が残っている資産は資産ではなくて負債です!
→抵当権とか法的な側面の話であればそうかもしれないけど、会計上は、資産でも負債でもあるし、そこを考えても何にもならないと思うけど・・・?

ローンは未来を拘束される!
→ローンは時間を買うという側面もあると思うけどなぁ。今は超低金利だから、うちは現金があってもローンを借りてます。

大半の人は流されないと思うけど

と、ここまで真面目にリベ大の内容に反証してきました。
私は不動産分野の専門家ではない、ただの持ち家派&賃貸オーナーなだけではあります。しかし、そんな素人でも、これだけの反論が思いついて、簡単にデータを集められてしまう、というのが今日の動画を見た感想です。

もしかしたら、現代日本にも、資産性の全くない土地で家や車を買うことを強要されている人がいるのかもしれません。そういった人にとっては良い動画なのかもしれません。
ただ、茨城県南あたりで資産形成を考える上では、鵜呑みにするレベルではないんじゃないかなぁと思っています。

私は以前「リベ大を見たところで、大半の人は、それなりに自分の頭で考えて行動するんだろうなぁ」と思っていました。
しかし、私の知人で、リベ大を妄信して、クッソ狭いアパートに家族5人で住んでいるマネーリテラシー高すぎる人を見たり、朝7時3分の段階でyoutubeにいいねが50もついていたりするのを見るのも事実です。(毎日7時に動画更新するんですが、20分の動画なのになぜ3分でいいねが50もつくのか・・・・?)

リベ大は基本的に「考え方を学ぶ場」として情報を提供しています。提供側はあくまでそのスタンスを崩してはいません。

しかし、その情報が本当なのか、自分にとってピッタリ当てはまるのかを考えることができない人が多いなぁと見受けられるような気がしますし、「考え方を学ぶテイ」で提供している情報が、結構恣意的だったり論理のすり替えをしているように感じることも多々あります。

結局、情報をどう活かすことができるかは、個人のおかれた環境によって大きく異なります。
私は、今後も茨城県南でサイドFIREを達成した時に、出費をいかにおさえたか・資産をいかに加速度的に増やせたか、という具体的な体験を基に情報をお伝えしていきたいと思いますので、今後もご愛読をよろしくお願いします^^

 


↑私かもめんは老後資金をidecoの米株インデックスで準備しています↑


↑私は家族人数分NISA口座を開設して、その範囲内で株式投資しています↑

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました