【年間40,000円の食事券】コロワイドへの投資を考える

株主優待

こんにちは!(自称)サイドFIRE達成者のかもめんです。 このブログでは、サイドFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしていきます。

今日は、先日、株主優待で食事をしてきたことをご報告したコロワイドをご紹介します。


コロワイドってどんな会社?

横浜市に本社を置く会社で、外食業界で国内4位に位置する巨大企業です。
(1位ゼンショー・2位すかいらーく・3位マクドナルド・4位コロワイド)
元々は甘太郎をはじめとする居酒屋事業を運営していましたが、2000年頃から、経営不振の外食企業を買収し、事業を拡大しています。

当初は甘太郎・北海道・ラパウザ等、ターミナル駅にたくさんありそうな居酒屋が中心でしたが、
現在は、フレッシュネスバーガー・ステーキ宮・かっぱ寿司・牛角等のレストラン業態へと多角化し、成長している会社です。また、最近では大戸屋をM&Aしたことでも有名になりました。

「業界3~4位の会社で上手に儲けられない会社をM&Aして、うまく再生して儲けに繋げることで自身も成長していく会社」というイメージでいていただけると良いかと思います。

外食産業の多角化や巨大化って意味あるの?

上の項目を読んで、「外食産業で多角化や巨大化って意味あるの?」「得意分野でコツコツ成長した方が良いんじゃない?」と思った方もいると思います。
結論からいうと、多角化や巨大化に意味はあります。

外食産業の多角化のメリット1点目は、リスクヘッジができる点です。
外食産業では、あらゆる業態で栄枯盛衰が続いています。
わかりやすいところでいうと、コロナ禍で居酒屋業態は、圧倒的に不利です。
その点、居酒屋以外の業態も持っていると、この機に人材を流動させやすくなります
(会社が一緒だとオペレーションや文化も近いので、流動させやすい)

また、多角化のメリット2点目は、コロワイドの例ではありませんが、「ショッピングモール内複数出店」ができて、より効率的な経営ができることがあります。
皆さん、つくばイオンに行ったことはありますか?
実はつくばイオン内の以下のお店は、全て「クリエイトレストランツ」が運営しています。

・しゃぶ重 ・ローストビーフ星 ・デザート王国

他にもクリエイトレストランツは、舞浜のイクスピアリ内でも8店もの店舗を運営しています。
これらの店舗、実は、お客さんから見える「食品衛生責任者」を1名が兼務しています。
1つのモールに1人わざわざ有資格者を雇うよりも、同じ地番内で1名が兼務した方が、圧倒的にコストが安くできますよね。
また、モール内に複数出店することで、ランチタイムが終わったらデザート店舗に人を移動させるといったこともしやすくなります。人件費をより効率的に使うためにも、メリットの大きい施策です。

そして巨大化のメリットとして、やはり一番大きいのは、食材の調達が統一化できたり、セントラルキッチンを使うことで品質が安定するようになることです。

例えば、はま寿司はゼンショーグループに属したことで、米の調達をすき屋等と一緒にできるようになり、同じ値段を出しても、より品質の高いものが買えるようになったと言われています。

かっぱ寿司がコロワイド傘下に属したことで、寿司の原価率向上を目指しましたが、原価率の上昇以上に寿司の品質が向上したともいわれています。これも、同じ値段を出しても、巨大企業の多量購買だからこそ実現できた、品質の向上策であったと考えられます。

同じ理由でスーパーマーケットも巨大化(大きくイオングループ・セブン&アイグループに入っているところが多い)しているのは、この辺りの影響が大きいといえます。


ということで、コロワイドは度重なるM&Aで、各チェーンの利益率や質向上を目指しながら成長してきたと言えるでしょう。そんなコロワイドは、投資対象としてどうなのか、見ていきましょう。

コロワイドは投資対象としてどうか


◆稼ぐ力(経常利益):×
売上     営業利益     営業利益率
2018年3月期   245,911        4,242          1.7%
2019年3月期   244,360        4,082            1.7%
2020年3月期   235,334       -4,606            赤字
2021年3月期   175,000       -9,500        赤字  ※予想

<コメント>
コロナの影響を思いっきり受けています。
2021年の予想は、2021年1月に発令が見込まれる「緊急事態宣言」前のものです。
したがって、2021年3月期の数値は、もっと悪くなってくる可能性があります。
コロナさえなければ、営業利益は低位ながらも安定していたのですが・・・

現在、居酒屋業態からの転換を順次図ってはいるものの、そのスピードよりも社会の変化が早く、業態的に非常に厳しいですね・・・。

すかいらーくほどテイクアウトに注力している様子もないのですが、特にレストラン業態(フレッシュネスバーガー・ステーキ宮等)は味が良いところが多いので、テイクアウトへの注力も含めて頑張ってほしいですね・・・!

 

◆経営安定性(自己資本比率):×
総資産    自己資本   自己資本比率
265,735        23,645        8.9%

<コメント>
個人的には30%は欲しいと思っている自己資本比率ですが、こちらも低水準です。。。
先日有名youtuberの方に聞いてみたところ、「外食産業は売上で即現金が入ってくるのでキャッシュフローが良いから、自己資本比率は多少低くても大丈夫。あと業界4位だし、融資も含めて何とかなるでしょう」と言われたのですが、個人的には不安です。

個人的にはかっぱ寿司のM&Aに乗り出した時に売ってしまおうかと思ったのですが、それなりに再建がうまくいっている中で、今回の大戸屋での巨額キャッシュ流出は手痛いと思っています。。。

◆配当・株主優待をする余力はあるか(配当性向):×
1株利益  1株配当   配当性向
2018年3月期  12.9円   5円     38.7%
2019年3月期    5.7円     5円     87.7%
2020年3月期  -88.6円  5円       赤字
2021年3月期  -93.3円    5円         赤字※予想

<コメント>
日本企業平均は(30~40%目安)です。
本当に・・・コロナさえなければ・・・

◆優待の嬉しさ・使いやすさ:◎◎◎
コロワイドは株主優待カードが送られてきます。

見た目はアトムやかっぱ寿司と同じような感じです。
プラスチック製のICカードに、毎年4回、1万円(年間で4万円)が自動でチャージされます。
それを、ステーキ宮・かっぱ寿司・寧々屋等で会計時に提示すると、ポイントで食事ができます。

私がコロワイドを保有した理由・そして未だに手放さない理由は、このポイントの力です。
とにかくポイントが多い!そして使いやすい!

これまでステーキ宮で、累計25万円くらい食事をしたと思いますが、一度も支払いをしたことがありません!
ステーキ宮はとにかくおいしい!そしてランチやお子様ランチが安い!
ランチタイムに家族4人で3,000円もしないで満腹になれるレベルです。

家族で外食したい!という時は少なからずあると思いますが、その時にステーキ宮だったらサイフの中身を気にせずに行ける、というのは非常に大きいです。

ただし、コロワイドは優待ゲットのために500株の保有が必要です。
株価が約1500円なので、優待ゲットのためには75万円以上必要なので、今や素人むけの株ではなくなってしまっています。
個人的には500株で年間4万円 100株で年間5000円くらいのポイントを配れば良いと思うんだけど・・・。(もしかしたら今後の対策のためにそんなことも準備しているかも。そうなれば嬉しいなぁ)

◆経営者
会長:蔵人 金男(くろうど かねお)氏

1947年生まれのバリバリ団塊の世代です。
社内報での過激な発言で炎上してみたり、大戸屋を圧倒的高値で買収してみたりと、私たちのようなナヨナヨしい現代人では到底理解できない、まさに「団塊世代の代表」といったパワフルな方です。

ただ、個人的には大戸屋買収に関しては、大戸屋が経営不振に陥っていたのは事実だと思いますし、セントラルキッチンや調達の共同化によって、顧客の満足度向上を図るのは間違っていないと思います。また、個人的には無理なんじゃないかと思っていたかっぱ寿司を、強権的にではありますがそれなりに経営再建したりと、手腕は間違いなくある方だと思います。コロナ禍も持ち前のパワーで乗り切ってください・・・!(懇願)

株主優待が使える近隣の店舗

ステーキ宮(ステーキ):守谷店・牛久店・土浦店・筑波学園店
言わずとしれた「宮のたれ」という超おいしいステーキソースでお馴染みのチェーン店です。
元々ランチに無料でついてくるスープバーがとにかくおいしくて有名でしたが、最近サラダバーも始めました。サラダバーも他ステーキチェーンに比べて質が高く、満足できること請け合いです!

かっぱ寿司(寿司):守谷店
最近は他チェーンより圧倒的に低い原価率等が話題になり、閉店が相次いでいましたが、コロワイド傘下になってから、一時盛り返しています。
個人的には味も美味しくなった感じがします。急に寿司が食べたくなって、スシロー200分待ちとかになるくらいだったら、うちはかっぱに行きます。

フレッシュネスバーガー:LALAガーデンつくば店・イオンモールつくば店
高級でおいしい、ちょっとハイソなハンバーガーショップです。
空間が落ち着いているので、うちではカフェ利用をします

カルビ大将(焼肉):牛久店

寧々家(居酒屋):阿見店・土浦店

近隣でもこれだけのお店で使うことができます。
しかも年間4万ポイント!!
さらに都内にいくと、コロワイドグループの居酒屋はたくさんあります。(北海道・甘太郎等)

かもめん的には、とにかく使いやすい優待で、本当にいつも助かっています!

コロワイド株の基礎情報

証券コード:7616
会社名:コロワイド
株価:1,520円(2020年1月4日現在)
配当:5円(×500株) 優待:40,000円
配当・優待利回:5.6%
・メガバンクの定期預金金利(=0.002%)の2,800倍
・18年保有していれば、配当と優待だけで元がとれます。

個人的には、今500株新しく買うのは・・・勇気がいると思います。
が、株主優待がおいしいのは事実です。
また、この会社は良くも悪くも、蔵人会長の影響が強いと思っています。
この苦境を見事に脱して欲しい!そのエネルギーを持っている会長だと思っているので、コロナ禍に抜本的な構造改革や儲けの仕組みを生み出してほしい・・・。期待しています。

ぜひ投資の参考になさってください!





コメント

タイトルとURLをコピーしました