【利回り4.3%】株式分割で手だししやすくなった連続増配の優良銘柄

株主優待

2022年9月末でとある優良企業の株式が分割されました。

元々経営成績もとても良く、配当・優待もある企業なので、このタイミングで取得すると良いのではないかと思い、ご紹介させていただきます。

ちなみにその優良企業の名は、沖縄セルラー電話株式会社(9436)です!!

<類似記事>
【テイ・エステック】四季報2021年秋を見て一番気になった銘柄 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

【セブン銀行】銀行の常識を覆す独自の構造で超高収益と独自の地位を実現 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

沖縄セルラーってどんな会社?

沖縄セルラー社は、沖縄県内で携帯電話事業を行う通信会社です。

KDDIの連結子会社で、同じく沖縄県内で、UQmobileやpovoの提供も行っています。

実は沖縄県内ではKDDI関係のシェアは50%を超えており、県内では非常に強い企業として知られています。

その他、光回線の整備や提供も行うなど、要するにKDDIの沖縄県版と考えておけばよさそうです。

経営成績はどうなの?(売上・利益の確認)

売上高・経常利益・経常利益率は以下の通りです。

沖縄セルラー社の経営成績:◎

売上高 経常利益 経常利益率
2020年3月 68,051 14,074 20.7%
2021年3月 74,191 14,565 19.6%
2022年3月 73,426 15,321 20.9%
2023年3月(予) 74,000 15,400 20.8%

売上高が700億円規模とやや小さめですが、沖縄県限定ということを考えると十分かもしれません。
この会社において何よりすごいのは、本業の儲けを示す経常利益と、経常利益率です。
利益率の高い業態としてお馴染みの通信業界ですが、利益率20%は、やはり驚異の水準です!!

(参考)通信業界の経営成績

売上高 利益 利益率
沖縄セルラー電話 73,426 15,321 20.8%
KDDI 5,446,708 1,064,497 19.5%
NTT 12,156,447 1,795,525 14.8%

地域限定会社のため、売上額・利益額は他に見劣りしますが、利益率に関してはほぼ毎年20%を超えているのが素晴らしいですよね!

超安定企業と断言しても良いと思います!!

財務状況はどうなの?

沖縄セルラー電話の財務状況:◎

総資産 自己資本 自己資本比率
2022年6月 115,803 96,567 83.4%

経営の安定を示す自己資本比率は83.4%と、これまた脅威の水準です。

通常は40%超えてれば安定性問題なし、50%超えてれば非常に安定していると判断して良いレベルですので、むしろここまで健全な財務状態で抑えられていることを踏まえると、何よりも経営が非常にうまいのだ、ということがわかります。

同業他社との比較

総資産 自己資本 自己資本比率
沖縄セルラー 115,803 96,567 83.4%
KDDI 11,150,462  4,978,979 44.7%
NTT 24,403,316 8,514,340 34.9%

基本的に工事が多く、資産が膨らみがちな業態ですが、沖縄という場所に限定して資産を保有しているため、同業他社に比べて自己資本比率が圧倒的に高いです!!

離党が多い地域ですが、上手に経営を引き締めて運営しているのが伺えます。

沖縄セルラー電話の株主還元(配当・優待)

沖縄セルラー電話の配当:◎

通信業界全般にいえることですが、沖縄セルラーも配当が非常に良いです。

1株利益 1株配当 配当性向
2020年度 361.6 145 40.1%
2021年度 388.5 162(記念配当) 41.7%
2022年度 397.2 168 42.3%
2023年度(予) 402.8 172 42.7%

※毎年3月・9月の配当です
※株式分割前の数値です

株価が5200円くらいなので、年間配当を172円とすると、3.3%の配当があります。
※現在は株式分割によって、株価2600円・配当も半額くらいになると思われます。

配当性向が40%を超えてしまっているのが気になりますが、業態的に、ある日突然出費が増えるような会社ではないため、これだけの配当をいただけるのはとてもありがたいです^^

親会社KDDIへの上納金もあるので、配当も簡単には減らさないのではないでしょうか。

何よりすごいのが連続増配

沖縄セルラーで何よりすごいのは、連続増配です。

2022年3月発行資料の時点で、19期連続増配記録を達成中です。
実は連続増配を達成している会社として有名な会社で、安心して保有することができます^^

親会社のKDDIも連続増配で有名なので、安定して成長することが上手なグループといえるでしょう。

株主優待:◎

KDDIグループとほぼ同じような商品群の株主優待(カタログギフト)をもらえます。

KDDIとの違いは、沖縄名産品が入っていることで、後半ページはKDDIと同じ商品ですが、KDDIも沖縄セルラーも、毎回もらう度に思うのですが、カタログはややショボく見えますが、実際の商品はとても良いところが特徴です。

こちらの優待は3,000円相当が年1回もらえることなるので、利回りとしては1.2%になります。

配当(3.3%)と優待(1.2%)を合わせると、4.5%の総合利回りとなるので、利回りとしてもとても良い水準といえるでしょう。

株式分割によって手出ししやすい水準に!!!

私が今、沖縄セルラー電話を推している理由は、2022年9月末での株式分割です。

元々5000円~5200円くらいを推移していた株価水準が一気に半分になりました。

特に優待については、これまで5200円で3000円相当の品がもらえていた(利回り0.6%)ものが、2600円で3000円相当の品がもらえるようになった(利回り1.2%)ため、このタイミングで購入するのはアリだと思います!!

 

沖縄セルラー電話 株の基礎情報

証券コード:9436
会社名:沖縄セルラー電話
株価:2,623円(2022年10月9日執筆現在)
配当:84円(2022年年間配当(分割前)を半分にして計算)
優待:3,000円(3月末に100株保有で取得可能)
配当・優待利回:4.3%
・メガバンクの定期預金金利(=0.002%)の2,600倍
・26年ほっとけば株価分回収可能(倒産しても損しない水準)

営業利益率・営業利益の安定性・財務の健全性・株主還元と、全く隙がない銘柄かと思っています。
分割された今だからこそ!ぜひ押さえておきたい銘柄としてご紹介させていただきました。

また、何よりも「連続増配しているので利回りが計算しやすい!」というのは大きなポイントでしょう。
利回りが4%を超えている間に1単元持っていると良いと思います^^

わが家も、ジュニアニーサでの取得がまだだったのですが、来年早々に子どもの口座で抑えていきたいと思います!

 

<類似記事>
【テイ・エステック】四季報2021年秋を見て一番気になった銘柄 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

【セブン銀行】銀行の常識を覆す独自の構造で超高収益と独自の地位を実現 | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

 


↑私かもめんは老後資金をidecoの米株インデックスで準備しています↑


↑私は家族人数分NISA口座を開設して、その範囲内で株式投資しています↑

お知らせ

こんにちは!サイドFIRE達成者のかもめんです。
このブログでは、サイドFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしていきます。

【twitter更新中】
@Kamomen_FIREというIDでツイッターをやっています。
ブログに書くほどでもないおトク情報や速報、毎週購読している週刊東洋経済の抜粋もつぶやいています。

【当ブログをお読みになるにあたっての注意点】
このブログは、ご当地情報や安売り情報をお届けするという特性上、必ずしも将来に渡って最新情報が掲載されるワケではありません。
また、情報の正確性には極力気をつけてはおりますが、必ずご自身でも公式HP等をベースにお調べいただきますよう、お願いいたします。

また、投資は自己責任です。twitterでDM等をいただいても、アドバイスや意見をお伝えすることはできますが、最終的にはご自身で責任を負っていただくことになりますので、ご了承お願いいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました