【セブン銀行】銀行の常識を覆す独自の構造で超高収益と独自の地位を実現

株主優待

皆さんはコンビニATMを使ったことはありますか?

私は手数料が高いイメージがあり、ほとんど使ったことがなかったのですが、住宅ローンを組んだ時にメインバンクとして使っていたauじぶん銀行では、手数料が無料になったり、キャッシュカードがなくてもスマホだけで簡単にお金が降ろせたりととても便利に使うことができたので、かなり多用していました。

手数料関係に関してドケチな私でもそこそこの頻度で使うコンビニATM。その中でも、セブン銀行はビジネスモデルが特別で、利益率も高く、株式投資先としてもかなり有望だと思っているので、そのご紹介をさせていただきます^^

 

<類似記事>
【初心者購入におススメ】オリックス | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

ジュニアNISAこそ株主優待株を選んでいます | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

収益の主力がATM手数料

まず、セブン銀行が他銀行と圧倒的に違うところは、セブン銀行は、そのほとんどを「ATM手数料」で稼ぎ出しているところです。

2020年 2021年
売上 1485億円 1372億円
うちATM 1348億円 1235億円
当期純利益 261億円 259億円

上記の通り、売上のほとんどがATM収益です。

セブン銀行は、ATMさえ設置すれば、あとは自動的にガンガンお金を生み出してくれる状況を作り出したんです^^

 

いわゆるメガバンクや地銀といった「一般的な銀行」が低金利で収益力が上がらない中、ATM手数料収入がメインのセブン銀行にとっては、どこ吹く風といった状況のようです。

ATM収益 セブン銀行以外は意外と儲からない説

ATM収益が中心のファミマやローソンでも、実はセブンほどの高収益は実現できていません。

ファミマ+ローソンで約3万台ありますが、両者の利益を出してもセブン銀行の利益水準には遠く及ばないレベルとなっています。

セブン銀行 ファミマ ゆうちょ銀 ローソン イオン銀
設置台数 22,472 17,600 27,314 11,201 5,730
経常利益 371億円 6億円 75億円 58億円 151億円

※数値は2015年のものなのでちょっと古い

 

セブンとその他ATMの違い。それは、イーネット(セブン以外のコンビニATM)等は、銀行免許を持っていないことにあるそうです。銀行免許を持たない場合、ATM設置や現金補充などの管理業務を提携銀行に委託する必要があったりするそうです。(セブン銀行は銀行免許をもっている)
また、ATM手数料も、セブン銀行であれば自社銀行のため全て自社のものとできるそうです。

現在はローソンもローソン銀行を始めていますが(収益状況は不明)、セブン銀行は先行者利益も大きく、コンビニの日販レベルも高いため、この業界では独走している状況です。

セブン銀行がセブンイレブンに必要不可欠なワケ

セブン銀行がすごいところは、来店客への利便性の貢献だけではありません。

通常ATMの管理には、現金の補充が必要です。

ATMの取引のうち、現金引出しが8割を占めるそうで、週に1度はお金を補充し続ける必要があります。

セブン銀行では、この現金補充を、なんとオーナーが担っているそうです。

 

オーナーは日々の売上金を店内のATMに入金することになっているそう。

これだけでオーナーが毎日銀行に入金に行く手間も省けますし、ATMにお金を補充する手間も省ける。さらにセブン本部も全国の店の売上を管理しやすくなります。

銀行業に乗り出しているセブン銀行だからこその独自資源といえるでしょう。

これにより、1週間に1度必要なATMへの入金業務が月1回に減り、運営コストが大きく削減できています。

今後の懸念はキャッシュレス化。ただし「ATM専業」の強みは残る

ビジネスモデルとしては最強に美しいことがわかったセブン銀行ですが、今後の懸念点は、キャッシュレス社会の到来です。

日本はこれまで現金主義が強かったですが、paypayやLINEpayなど、コロナ禍とともに訪れたキャッシュレス化の波により、そもそも現金需要が減る⇒ATMの使用回数が減るのではないかと懸念されています。

これに関してはまさにその通りだと思います。少なくともコンビニでは現金決済をするお客さんは(見た感じ)明らかに減っている感じがあります。

セブン銀行でお金をおろして⇒コンビニでそのまま買い物をするというお客さんは減っていく可能性があります。

 

ただし一方、個人的には「ネット銀行の隆盛」というのは、セブン銀行にとっては大きなプラスになるのではないかと思っています。

例えば私が積極的に使っている「auじぶん銀行」や「楽天銀行」ですが、自社店舗がないかわりに、コンビニATMの使用手数料が無料になります。(残高によって出金手数料や振込手数料が無料の回数は異なります)

以前私はメガバンクをメインに使っていましたが、18時までにがんばってATMに行くまでもなく、好きな時間に手数料無料でお金をおろせるネットバンクは、私にとっては、なくてはならないものになってきました^^

現在、メガバンクや地銀は店舗の統廃合をどんどん進めて、リアル店舗を減らしています。今後、銀行各社でがんばってATM網を張り巡らせるのではなく、最初からセブン銀行であれば手数料無料にします、みたいな銀行が増える可能性もあります。

そうなってくると、現金需要こそ減っていくものの、ATM需要がセブン銀行に集約されていく可能性は低くないので、ATM手数料が収益柱のセブン銀行は、今後も安泰なのではないかと思っています。

 

セブン銀行 2021年3月期の決算/稼ぐ力:◎

ここからは、セブン銀行2021年3月期の決算についてお伝えしていきます。

◆稼ぐ力(経常利益):◎

経常収益 (うちATM) 経常利益 経常利益率
2020年3月 148,553 136,486 39,836 26.8%
2021年3月 137,267 123,501 35,640 26.0%

<コメント>

運営費がかさまない経営を見事に実現できているため、経常利益率がとにかく高いです!!
他の銀行のように、金利等の外的要因で業績が変動しづらいため、今後も安定した高利益率が期待できます。

とにかく、まずもって赤字になることはないであろう。収益はとても安定しています。

セブン銀行 2021年3月期の決算/経営安定性:〇

◆経営安定性(自己資本比率):〇

自己資本比率
2021年3月 19.5%

<コメント>
そもそも銀行の自己資本比率は1桁もザラです。
自己資本比率を考慮する必要もない業界なのですが、一応問題はない水準かと思います。

セブン銀行 2021年3月期の決算/配当性向:〇

◆配当・株主優待をする余力はあるか(配当性向):〇

1株利益 1株配当 配当性向
2018年3月 21.2 10.0 47.2%
2019年3月 11.1 11.0 99.1%
2020年3月 22.1 11.0 49.8%
2021年3月 22.0 11.0 50.0%
2022年3月 16.8 11.0 65.5% ※予想

<コメント>
配当性向は40~50%くらいを推移しています。
この会社に関しては、安定的に利益を稼げることはほぼ間違いないので、安定して配当が出続けることが予想しやすい会社といえるかと思います。

とりあえず、今後もしばらくは1株あたり11円の配当が続くのではないでしょうか。

また、新規投資余地が少ない業態ではあるので、配当性向が今後あがっていっても、そこまで大きな影響はないかなと思っております。

 

セブン銀行 株の基礎情報

証券コード:8410
会社名:セブン銀行
株価:235円(2021年6月27日執筆現在)
配当:11円(×100株)
配当・優待利回:4.7%
・メガバンクの定期預金金利(=0.002%)の2,350倍
・21年ほっとけば株価分回収可能(倒産しても損しない水準)

最後になりましたが、セブン銀行は株価が安くて手が出しやすい。
経営がとにかく安定していて、意外と将来のリスクも対策できそう。
なによりコンビニ業界で圧倒的に集客力のあるセブンの店舗にある。

ということで、私としては投資しておいて損しない銘柄なのではないかなと思っております。

ちなみに私は、「NISAの余った枠を使い切るために購入」しています(笑)

 

<類似記事>
【初心者購入におススメ】オリックス | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

ジュニアNISAこそ株主優待株を選んでいます | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

 


↑私かもめんは老後資金をidecoの米株インデックスで準備しています↑


↑私は家族人数分NISA口座を開設して、その範囲内で株式投資しています↑

お知らせ

こんにちは!サイドFIRE達成者のかもめんです。
このブログでは、サイドFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしていきます。

【twitter更新中】
@Kamomen_FIREというIDでツイッターをやっています。
ブログに書くほどでもないおトク情報や速報、毎週購読している週刊東洋経済の抜粋もつぶやいています。

【当ブログをお読みになるにあたっての注意点】
このブログは、ご当地情報や安売り情報をお届けするという特性上、必ずしも将来に渡って最新情報が掲載されるワケではありません。
また、情報の正確性には極力気をつけてはおりますが、必ずご自身でも公式HP等をベースにお調べいただきますよう、お願いいたします。

また、投資は自己責任です。twitterでDM等をいただいても、アドバイスや意見をお伝えすることはできますが、最終的にはご自身で責任を負っていただくことになりますので、ご了承お願いいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました