【カワイイ花なのに要注意】オオキンケイギクの栽培は禁止されています

動植物
ai

最近、市内のあらゆるところで、この黄色い花を目にする様になりました。

ai

この花、とてもカワイイですし、国道294号線の中央分離帯にもたくさん生えていて、目が癒されます^^

しかしこの花、オオキンケイギクというのですが、実は特定外来生物に指定されており、栽培が禁止されています!!!

また、日本生態学会により、日本の侵略的外来種ワースト100にも選定されています。

今日は、かわいい花だけど絶対に栽培したらダメ!家に入ってきたら早急に駆除しよう。オオキンケイギクについて調べてみました。

<過去の類似記事はコチラ>
【梅雨になる前に駆除!!!】ナガミヒナゲシ | 自称サイドFIRE かもめんのブログ (kamomen.com)

オオキンケイギクってどんな植物?

オオキンケイギクは、その名の通り、キク科の植物で、黄色い花を咲かせます。

黄色のかわいい花をつけて、さらにその花が長持ちします。

アスファルトの狭い隙間からも頑張って生えてきます。

が、アスファルトの隙間から映えるということは、要するに、とても生命力が強い植物なんです。

オオキンケイギクの恐ろしさ

アメリカオニアザミの恐ろしさは、何よりも圧倒的に強すぎる生命力です。

ナガミヒナゲシのように、触ったからと言ってカブれるワケでもなく

アメリカオニアザミのように、触ってトゲが刺さって痛いワケでもなく

ただただ、圧倒的に生命力が強すぎて、在来種を駆逐していきます。

例えば庭に植えたりすると、除去しても除去しても、翌年また生えてきてしまったりするそうです。

かつては積極的に植えていた

そんな恐ろしいオオキンケイギクですが、かつて日本で積極的に、人間の手で植えられていました。

 

1880年代に鑑賞目的で輸入されたオオキンケイギクは、繁殖力の強さが注目され、荒れ地の緑化や河川敷の法面保護のため、積極的に植えられていました。

黄色く美しい花は観賞用としても愛されていましたが、この数十年で圧倒的な広がりを見せることで在来種への影響が危惧されるようになり、遂に2006年に、環境省によって特定外来生物に指定されました。

 

人間が持ち込んで、今度は人間が駆除していく・・・なんともかわいそうな植物です。

が、ここまで強くて在来種に影響を及ぼしてしまうのであれば仕方ないか・・・ごめんオオキンケイギク

オオキンケイギク駆除の方法

オオキンケイギクの駆除は、とにかく繁殖力との闘いです。

特定外来生物に指定されていますので、生きた個体を移動することは禁止です。
つまり、引き抜いたものをもってウロウロすると違法になります。

正しい手順で駆除するようにしましょう。

1.刈り取らずに、根を残さないように引き抜く。必ず根を全て除去する。
※根が残ると、翌年にまた生えてきます(294中央分離帯のように・・・)

2.種子の飛散を防ぐため、その場で新聞紙でくるみ・ビニール袋に入れて壊死するのを待つ


3.素人の焼却だと、生き残っていた個体があった場合、翌年そこから大繁殖してしまうので、可燃ごみに出す

とにかく恐ろしく強い繁殖力をもった植物です。

対処は的確に、詳しくは役所に聞いてみると、駆除の上手な方法を教えてもらえるかもしれません。

鳥のみちを守ろう・・!

ここまで紹介した通り、オオキンケイギクはものすごい勢いで、年々勢力を拡大しています。

守谷には鳥のみちという、ボランティアさんが作ってくれた、守谷の昔ながらの自然を楽しめる道があります。

もしかしたら鳥のみちが、将来、オオキンケイギクだらけになってしまうかも・・・。

そうならないためにも、みんなで頑張ってオオキンケイギクの駆除をしていきましょう!!

 


↑私かもめんは老後資金をidecoの米株インデックスで準備しています↑


↑私は家族人数分NISA口座を開設して、その範囲内で株式投資しています↑

お知らせ

こんにちは!サイドFIRE達成者のかもめんです。 このブログでは、サイドFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしています。

【twitter更新中】
@Kamomen_FIREというIDでツイッターをやっています。
ブログに書くほどでもないおトク情報や速報、毎週購読している週刊東洋経済の抜粋もつぶやいています。

【当ブログをお読みになるにあたっての注意点】
このブログは、ご当地情報や安売り情報をお届けするという特性上、必ずしも将来に渡って最新情報が掲載されるワケではありません。
また、情報の正確性には極力気をつけてはおりますが、必ずご自身でも公式HP等をベースにお調べいただきますよう、お願いいたします。

また、投資は自己責任です。twitterでDM等をいただいても、アドバイスや意見をお伝えすることはできますが、最終的にはご自身で責任を負っていただくことになりますので、ご了承お願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました