【ふるさと納税返礼品到着報告】都留市の「訳あり」富士湧水ポーク2.5kg

節約

こんにちは!(自称)サイドFIRE達成者のかもめんです。 このブログでは、サイドFIRE達成のための株式投資(主に優待投資)や節約情報を、かもめんの住んでいる茨城県南の情報を踏まえつつお伝えしていきます。

以前、年末に駆け込みで寄付した「駒ケ根市からの返礼品として、本坊酒造のウイスキー3本セット」「長崎市からの返礼品として、椿油」をご紹介しましたが、今回は、年末に寄付したふるさと納税の返礼品として、山梨県都留市の富士湧水ポーク2.5kgが届いたのでご報告します!



今回届いた商品:富士湧水ポーク

年末に納税手続きをして、最近届きました。富士湧水ポーク(山梨県都留市への寄付)2.5kgです。
500gの真空パックが5つ届きました!

<商品紹介ページより>ーーー
富士山麓の澄んだ空気と清らかな地下水。豚の飼育にとって理想的な環境の中で、富士湧水ポークは育てられています。徹底された厳しい豚種管理のもと、デュロック系と大ヨーク系を配合。またイースト菌を使用した食品をいち早く導入するなど研究を重ね、常に最高の条件と時間をかけて作り上げました。
甘みのある脂質、肉のしまり、柔らかい肉質そして旨味とコクはまさに絶品です。
ーーー<商品紹介ページより>

とのことです。
実際に到着日に豚の生姜焼きを作りましたが、家族全員「超おいしい!」と意見が一致しました。
子どもは肉が固いと食べたがらなかったりしますが、全く不満も出ず、食感も含めておいしくいただくことができました^^

ちなみに肉自体は、そこまで薄切りではなく、やや厚みを感じました。また、タッパーにキレイに並べられているものではなく、真空パックに詰められているものなので、ドっと掴んでザっと調理するような料理に向いていると思います。まさに生姜焼きとかに向いている感じです。

ただし、3,000円程度の商品と考えると、2.5kgで1g1円ちょい。と考えると、そこまで超最高品質のお肉が来るワケではない、というところには注意が必要です!値段相応以上のお肉が来る、というイメージでいてください^^十分おいしいですよ。

 

ふるさと納税では「訳アリ品」を頼むとおトクらしいですよ

ご存じの方も多いかもしれませんが、ふるさと納税は「寄付に対しての返礼率が30%」と決まっています。
つまり、1万円の寄付に対して入手できるのは、3,000円以内と決まっています。

一般的に定価がある商品であれば返礼率はすぐに算定できますが、「訳アリ」は定価があってないようなモノ。なので、返礼率に換算すると70%に相当するようなモノ、とかも出てくることがあります。
あくまで訳アリ品だから定価はありませんが、別に多少明太子の端が欠けてようがいいや、という方にはピッタリな寄付です。

今回の豚肉も「訳アリ」ということで、パックにキレイに並んでいなかったりはしますが、個人的には全然OK。ちょっとおトクできてうれしい、という感じです^^

近隣自治体のふるさと納税返礼品を勝手に紹介

今日はつくばみらい市の返礼品を紹介します!

つくばみらい市は、測量でお馴染みの間宮林蔵の出身地です。
市内には間宮林蔵記念館があります。他にも、ワープステーション江戸という、江戸の街並みを再現したテーマパーク(主にロケ地として活用されている)があったり、意外と!?見どころのある街です。

有名なのはゴルフ場で、茨城ゴルフ倶楽部では5月にサロンパスカップが開催され、かつては宮里藍選手、横峯さくら選手、最近では渋野日名子選手が来たりしていました。期間中はものすごい人が集まり、テレビ中継もされるとても有名な大会です。

ふるさと納税では、ゴルフのプレイ権が返礼品として準備されています。都心から1時間程度で来られてしまうので、とても良い返礼品だとおもいます^^

 

つくばみらい市の有名企業でいうと、先日ブログでこの界隈ではトップクラスの優良企業として紹介した、農機具メーカーのクボタや、工場自動化の制御機器で世界トップシェアを誇るSMCなんかがあります。超有名企業ではないけど、優良企業がゴロゴロしているイメージです。固定資産税なんかもすごそうです^^

個人的にはトラクタのミニチュアなんかが返礼品であれば良いなぁと思っているんですが、今のところは準備されていないようです。クボタさん、どうでしょう!?(笑)

 

また、同じく有名企業として、育児用品国内トップ企業のピジョンの工場もあります。
哺乳瓶等の小物で有名ですね。それにちなみ、ベビーカーなんかも返礼品になっています。ちょっと珍しい感じがしますね^^

 

 

他にも、同じくクボタ近くにある、「丸山海苔店」なんかも返礼品を出しています。ここはうちもたまに購入しますが、すごいおいしいです!!ミシュラン三ツ星の寿司屋で使われている海苔だそうです。

 

こうして見てみると、つくばみらい市は、谷和原インターに近く、都心に近く、港にも近いという地の利を生かした、面白い発展をしている街だ、ということがわかりますね!!

ふるさと納税っておトクなの?

ふるさと納税は、すごい簡単に言うと、自分が好きな自治体に「寄付」をすることで、その分の住民税支払いを安くすることができるという制度です。
さらに、ふるさと納税をした自治体から「返礼品」として、特産品が送られてくるため、減税メリットを受けながら地方特産品を入手することができる制度、として人気を博しています。
個人としてみると、デメリットのない制度になりますので、もし興味がある方は、ぜひやってみることをおススメしています。

コロナで観光が落ち込んでいる中、地方の経済活性化のためにも、ふるさと納税での貢献は小さくないと、私個人も思っています。

ただし、収入等によって、納税できる金額は変わってくるため、必ずあらかじめ、いくらくらいまでふるさと納税ができるのかについては調べることを、おススメしています。

さとふるホームページで簡単にシミュレーションができます。

シミュレーションする時は、ざっとした年収や、家族構成を入力するだけで、まずはざっくりした納税可能額を知ることができます。

源泉徴収票や確定申告の実績を使って入力すると、より確実に可能額を調べることができます。


納税した後も、納税先の自治体に書類1枚を送れば、確定申告は基本的に不要になるので、手続きもとても簡単
です^^

どこの自治体に寄付すると、よりおトクになるの?

ふるさと納税は、過度な返礼品獲得競争を抑制するために、寄付金額の3割以下を目安とした返礼品を贈ることが決まっています。
つまり、どの自治体に送ったらトクになるか、というのは原則ありません。
(「同じ日本米でも、単価が安いものだとたくさんもらえる」とか「訳あり品だと単価的におトクになりやすい」といったレベルのちょっとした裏技程度でしたらありますが・・・)

ただし、やはり自治体や返礼品ごとに人気ランキングというのはあるようですので、詳しくはふるさと納税人気ランキング(さとふるのページに飛びます)をご参照いただくと良いかと思います^^

ちなみに私かもめんは、「ふるさと納税をするのであれば、これまでお世話になったことのある自治体・会社・商品に寄付をする。」「超大企業が全国に展開しているモノではなく、中小企業が地場特産品的にやっているものを返礼品にする。」というルールでやっています。

あくまで寄付行為になるので、その精神に則って、その地の経済が少しでもよくなるように、また、その自治体に少しでも適正に税金を使ってもらえるように、と考えています。


ふるさと納税返礼品を取り扱う自治体に期待したいこと

返礼品をいただいていて、偉そうに言えることではないのですが、実際に寄付をしてから、返礼品が送られてくるまでに、結構なタイムラグがあります。
それ自体は全く問題ないのですが、できれば、「どこの自治体からの返礼品か」「ふるさと納税でその自治体がどう良くなっているか」ということを、できれば各自治体には頑張って情報発信をして欲しいと思っています。

ちょっとしたペラ1枚とか、ちょっとした自治体の案内が入ってくるだけでも、「寄付をした実感」とか「また◎◎市に寄付しよう」という想いになると思うんですよね。
地方自治体職員の皆さまのアイデア次第だと思っているので、今後に期待しています!




↑私は家族全員分のNISA口座を作って毎年その枠内で資産形成しています↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました